新型MINIクラブマン、大きくなって日本デビュー

2015.09.25 自動車ニュース
「MINIクーパーSクラブマン」
「MINIクーパーSクラブマン」

新型「MINIクラブマン」、大きくなって日本デビュー

BMWジャパンは2015年9月25日、新型「MINIクラブマン」の日本導入を発表するとともに、同日、予約受注を開始した。同年11月7日に正式発売する。

 
新型MINIクラブマン、大きくなって日本デビューの画像

サイドのドアは、左右2枚ずつ。前ヒンジのオーソドックスなタイプに変更された。(写真は欧州仕様車)


	サイドのドアは、左右2枚ずつ。前ヒンジのオーソドックスなタイプに変更された。(写真は欧州仕様車)
バックドアは、先代と同じ観音開き。
バックドアは、先代と同じ観音開き。
インテリアは、多くのクロムパーツで飾られる。
インテリアは、多くのクロムパーツで飾られる。
「MINIクーパーSクラブマン」の2リッター直4ターボエンジン。MINI初となる8段ATが組み合わされる。
「MINIクーパーSクラブマン」の2リッター直4ターボエンジン。MINI初となる8段ATが組み合わされる。
 
新型MINIクラブマン、大きくなって日本デビューの画像

■“上の階級”で勝負

MINIクラブマンが、およそ8年ぶりにフルモデルチェンジされた。そもそもクラブマンの名称が登場したのは、さかのぼること半世紀近い1969年のことで、顔つきと内装をアップデートした「クラシック・ミニ」に与えられたサブネームだった。
2007年に2代目BMW MINIのバリエーションとして復活した先代クラブマンは、ミニをストレッチしてテールゲートをスプリットドア(観音開き)とし、右側のみにクラブドアと呼ばれる観音開きのリアドアを備えた、シューティングブレーク的なモデルだった。

BMWいわく、従来のMINIとは一線を画したまったく新しいモデルという新型は、昨2014年のジュネーブショーで初公開されたコンセプトモデルを、ほぼそのまま生産化したものといえる。
先代に比べ全長を290mm延ばし、全幅を115mm拡大したボディーは、クラブドアを廃止し、オーソドックスな4ドア+テールにスプリットドアを備えたワゴンスタイル。MINI 3ドアや5ドアが属するプレミアム・スモール・コンパクト・セグメントではなく、ひとまわり大きい、MINI初となるプレミアム・コンパクト・セグメントのモデルとうたわれている。
ボディーサイズは、全長4270mm×全幅1800mm×全高1470mm、ホイールベース2670mmで、これは現行「フォルクスワーゲン・ゴルフ」とほぼ同じである。

ボディーの大型化によって室内空間にゆとりが生まれ、ラゲッジスペースも拡大。インテリアもエクステリア同様にクロムパーツを多用し、上質感を演出している。

パワートレインは MINIまたはBMWの既存モデルに使われているもの。「MINIクーパー クラブマン」は最高出力136ps/4400rpm、最大トルク22.4kgm/1250-4300rpmを発生する1.5リッター直3ターボと6段AT、「MINIクーパーSクラブマン」は最高出力192ps/5000rpm、最大トルク28.6kgm/1250-4600rpmを発生する2リッター直4ターボと、MINIでは初採用となる8段ATの組み合わせとなる。
パフォーマンスは、MINIクーパー クラブマンが最高速度205km/h、0-100km/h加速9.1秒、MINIクーパーSクラブマンが同228km/hと7.2秒(いずれも欧州仕様車の値)。JC08モードでの燃費は前者が17.1km/リッター、後者が16.6km/リッターという。

価格は、MINIクーパー クラブマンが344万円、MINIクーパーSクラブマンが384万円である。

(文=沼田 亨)

関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
ホームへ戻る