第312回:氷上性能にも燃費にもこだわる!?
ヨコハマの新作「アイスガード ファイブ プラス」を試す

2015.09.26 エッセイ
ヨコハマの最新スタッドレスタイヤ「アイスガード ファイブ プラス」。2015年8月に発売された。

横浜ゴムが、同社の冬用タイヤ史上“最高の氷上性能”を実現したという、スタッドレスタイヤの新製品を発売した。とはいうものの、そのトレッドパターンは従来モデルとまったく同じ。では、性能向上のポイントはどこにあるのか? 北海道にあるテストコース「T*MARY(ティーマリー)」で試してみた。

テストコースでのひとこま。今回は、ハッチバックやクロスオーバー、セダンなど、「ヨコハマ・アイスガード ファイブ プラス」を装着したさまざまなクルマで、タイヤの性能をチェックした。
氷上路でのテスト風景。クルマはトヨタのハイブリッドカー「プリウス」。
左右非対称な溝が刻まれる、「アイスガード ファイブ プラス」のトレッド面。車体イン側(写真左側)は氷上で、車体アウト側(写真右側)は雪上やウエット、ドライ路面で性能を発揮するようにデザインされている。

同じ名前で中身が違う

最近では“異常気象”なるフレーズがすっかり常態化してしまった感もある日本。それでもつい先日までは灼熱(しゃくねつ)の気候が続いていた、と思ったら、今度はアッという間に長袖が恋しい季節の到来だ。

そんな季節の変化がハッキリとした地域では、ヒトもクルマも準備が大変。というわけで、夏の余韻も冷めやらぬこのタイミングでお届けするのは、間もなくやって来る冬に備えてのスタッドレスタイヤのニュースだ。

ここに紹介するのは、横浜ゴムからローンチされたばかりの乗用車用最新モデル。
「あれ? でも、これまでのモデルとそっくりじゃない」と、トレッドパターンを一瞥(いちべつ)してそう見抜いた人は、この道ではかなりのつわもの(?)であるはず。そう、この最新スタッドレスタイヤのトレッドパターンは、従来品である「アイスガード ファイブ」のそれから変わってはいないのだ。

かくして、「パターンが不変なので、基本のネーミングは継承した」と開発陣が語るのが「アイスガード ファイブ プラス」なる、2015年8月に発売されたばかりの次期シーズン向け最新作。そこに採用された、新たなテクノロジーの肝は、「路面への密着性を高めるとともに、スリップの原因となる水膜吸水率を20%向上させた」とされる、その名も「スーパー吸水ゴム」を称する新たなトレッドコンパウンドだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ