「トヨタbB」に“内外装がきらめく”新グレード

2011.11.24 自動車ニュース

「トヨタbB」に“内外装がきらめく”新グレード

トヨタ自動車は、コンパクトカー「bB」に新グレード「“煌(きらめき)”」を設定し、2011年11月24日に発売した。

今回発売された「トヨタbB」の「“煌(きらめき)”」は、その名のとおり「きらめき感を演出し、光と音を楽しむ個性を一層際立たせた」という新グレードだ。

スポーティーなエクステリアをもつグレード「Aero Package」の装備に加え、ハイグロス塗装のアルミホイール、バックドアメッキガーニッシュ、“煌”専用リアコンビネーションランプなどでエクステリアをドレスアップ。インテリアもピアノブラックの専用センタークラスターやメッキパーツで飾られ、室内イルミネーションの調節が手元で行える「アームレストコントローラー」なども与えられる。

価格は、「bB S“煌”」(1.3リッター/FF車のみ)が162万5000円で、「bB Z“煌”」(1.5リッター)のFF車が172万円、4WD車が186万7000円。

同時に「bB」シリーズの仕様変更も実施され、「S“Aero-G Package”」と「Z“Aero-G Package”」には、スライド機構付きのリアシートが与えられた。また、新しいボディーカラー「ブロンズオリーブパールメタリック」も選べるようになった。

(webCG 関)

「トヨタbB Z“煌”」
「トヨタbB Z“煌”」 拡大

関連キーワード:
bBトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS(FF/CVT)【試乗記】 2011.4.14 試乗記 トヨタ・ヴィッツRS(FF/CVT)
    ……210万905円

    コンパクトカー「トヨタ・ヴィッツ」のスポーティグレード「RS」に試乗。CVTモデルを駆って、その実力を確かめた。
ホームへ戻る