フォード・フォーカス(FF/6AT)

洗練されたグローバルプレーヤー 2015.09.30 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた、フォードのCセグメントグローバルプレーヤー「フォーカス」に試乗。新たに搭載された1.5リッターの“エコブースト”エンジンや、設定が見直されたサスペンションの仕上がり具合を、オーストラリアのアデレードで試した。

2リッターから1.5リッターへダウンサイズ

ヨーロッパ製Cセグメントハッチバックの比較テストを行うとき、かつては「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の対抗馬として必ず担ぎ出されたフォード・フォーカス。1998年に初代がデビューした際には斬新なスタイリングと軽快なハンドリングが注目され、日本の路上でも目にする機会が少なくなかった。グローバルではすでに累計1200万台を販売し、フォードにとって最も成功したモデルとして位置づけられているらしい。そして、その3代目が誕生した2012年と翌2013年には、単一車名のモデルとしては世界で最も多く販売された乗用車として第三者機関から認定されたというので、フォーカスは決してゴルフのアンチテーゼなどではなく、コンパクトカーのメインストリームを歩む世界的ヒット作といって間違いなさそうだ。

その3代目フォーカスにこのたび実施されたビッグマイナーチェンジは、ダウンサイジングコンセプトを採り入れた直噴ガソリンターボエンジンの搭載がいちばんの目玉と聞いていたが、試乗会場で行われたプレゼンテーションに耳を傾けていると、どうやらシャシー関連にも並々ならぬ改良の手が加えられているらしいことが理解できた。

3代目がデビューした当初からその乗り心地に軽い疑問を抱いていた私は“わが意を得たり”と思わずにはいられなかった。果たして、マイナーチェンジを受けた3代目フォーカスは私好みの乗り心地に変貌しているのか? そしてダウンサイジングエンジンとのマッチングはどうなのか? 私は期待に胸を膨らませながら、オーストラリア・アデレードの街を新型フォーカスで走り始めた。

フェイスリフトを受けた「フォーカス」がずらりと並ぶ。国際試乗会はオーストリア南部の都市・アデレードで行われた。
フェイスリフトを受けた「フォーカス」がずらりと並ぶ。国際試乗会はオーストリア南部の都市・アデレードで行われた。
外装デザインには新世代フォードの“デザインDNA”が注ぎ込まれた。大型の台形グリルや、ボンネットの中央部が隆起した「パワードーム」デザインが採用され、よりスポーティーな雰囲気に。
外装デザインには新世代フォードの“デザインDNA”が注ぎ込まれた。大型の台形グリルや、ボンネットの中央部が隆起した「パワードーム」デザインが採用され、よりスポーティーな雰囲気に。
車体後部では、リアコンビネーションランプのデザインが変更されている。(写真=大谷達也)
車体後部では、リアコンビネーションランプのデザインが変更されている。(写真=大谷達也)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る