第14戦日本GP決勝結果【F1 2015 速報】

2015.09.27 自動車ニュース

【F1 2015 速報】第14戦日本GP、ハミルトン予選2位から今季8勝目

F1世界選手権第14戦日本GPの決勝が、2015年9月27日、三重県の鈴鹿サーキット(5.807km)を53周して行われた。

前戦シンガポールGPでまさかの絶不調に見舞われた王者メルセデスが復活。予選ではフロントローを独占し、レースでは2番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンが早々にトップの座を奪い鈴鹿で2連勝、今シーズン8勝目を飾った。これで通算勝利数を「41」とし、アイルトン・セナの記録に並んだ。

2位はニコ・ロズベルグで、メルセデスは昨年に続く1-2フィニッシュ。日本GPで2年連続のポールポジションを獲得したものの、スタートでつまずき4位に後退、その後に挽回という“いつもの展開”に終始した。タイトル争いでは、前戦で41点に縮まった首位ハミルトンとの差が、再び48点にまで開いた。

3位に入ったのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルだった。予選4位から一気に2位へとジャンプアップを果たしたが、ピット戦略でメルセデスに負けた。

6番グリッドのキミ・ライコネンは、バルテリ・ボッタスのウィリアムズ・メルセデスを攻略し4位。フェラーリはメルセデス勢に次ぐ3-4位で日本GPを終えた。ボッタスは予選3位から悔しさ残る5位となった。
13番グリッドからスタートしたフォースインディア・メルセデスのニコ・ヒュルケンベルグが6位入賞。ロメ・グロジャン7位、パストール・マルドナド8位と資金難に苦しむロータス・メルセデスがダブルでポイントを獲得。17歳の新人、トロロッソ・ルノー駆るマックス・フェルスタッペン9位、チームメイトで同じくルーキーのカルロス・サインツJr.は10位と、難コースの鈴鹿で若いドライバーが活躍した。

以下、11位フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)、12位セルジオ・ペレス(フォースインディア)、13位ダニール・クビアト(レッドブル・ルノー)、14位マーカス・エリクソン(ザウバー・フェラーリ)、15位ダニエル・リカルド(レッドブル)、16位ジェンソン・バトン(マクラーレン)、17位フェリッペ・マッサ(ウィリアムズ)、18位アレキサンダー・ロッシ(マノー・マルシャ・フェラーリ)、19位ウィル・スティーブンス(マノー・マルシャ)、20位フェリッペ・ナッサー(ザウバー)と、全車が完走扱いとなった。

14戦を終えポイントリーダーの座を堅持するハミルトンは277点を獲得。以下2位ロズベルグ229点、3位ベッテル218点、4位ライコネン119点、5位ボッタス111点という順位となる。
コンストラクターズランキング首位を走るメルセデスは506点。2位フェラーリは337点、3位ウィリアムズ208点、4位レッドブル139点、5位フォースインディア77点というオーダーで、残り5戦に向かう。

(文=bg)
 

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。