フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6MT)

あえてMTで乗る意義を問う 2015.10.01 試乗記 280psの高出力エンジンに4WDの駆動方式を組み合わせた「フォルクスワーゲン・ゴルフR」に、6段MT仕様が登場。フォルクスワーゲン(VW)が誇るハイパフォーマンスモデルに、あえて“人力シフト”で乗ることによってリポーターが実感したこととは?

トランスミッション以外はDSG仕様と一緒

「GTI」だけでなく、オンロード四駆スポーツのゴルフRにもMTモデルが発売された。「日本市場はAT」路線をここへきて見直したのも、「ゴーキゲン ワーゲン~♪」戦略の一環だろうか。

日本人は米国民のことをわれわれ以上に“オートマチックな人々”と思っているかもしれないが、アメリカではゴルフRもGTIも以前からMTで乗れる。それどころか、高性能系ではないフツーの「ゴルフ」にもMTモデルがちゃんと用意されている。これほどDSG一辺倒のゴルフが走っている国は、日本以外にないのである。

6段DSGが6段MTに換装される以外、ゴルフRそのもののカタログスペックに変更はない。ちょっと信じられないことだが、1500kgの車重も同一だ。これを機に、MTモデルには本国仕様の300psユニットが載るのかなと期待させたが、そこまでのサービスはなく、GTI用の直噴2リッター4気筒ターボをさらに強化したエンジンは、DSGと同じホットカントリー仕様の280psチューンである。

しかし、価格は10万円安い。といっても、GTIをしのぐハイエンドゴルフだから、クラッチペダルを踏んでも539万円する。安いからMTにしとく、というようなクルマではない。

2014年2月に発表・発売された現行型「ゴルフR」。当初は6段DSG仕様のみの設定だったが、2015年9月に6段MT仕様が追加された。
2014年2月に発表・発売された現行型「ゴルフR」。当初は6段DSG仕様のみの設定だったが、2015年9月に6段MT仕様が追加された。
「ゴルフR」のインストゥルメントパネルまわり。センタークラスターにはVW純正のインフォテインメントシステムが標準装備される。
「ゴルフR」のインストゥルメントパネルまわり。センタークラスターにはVW純正のインフォテインメントシステムが標準装備される。
「R」のロゴが刺しゅうされたフロントシート。シートヒーターに加え、運転席には電動調整機構も装備されている。
「R」のロゴが刺しゅうされたフロントシート。シートヒーターに加え、運転席には電動調整機構も装備されている。
シート表皮には前後席ともにレザーが採用される。
シート表皮には前後席ともにレザーが採用される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • 【上海ショー2017】「レクサスNX」のマイナーチェンジ版がデビュー 2017.4.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月19日、上海モーターショー(会期:2017年4月19日~28日)において、レクサスブランドのSUV「NX」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
ホームへ戻る