第313回:クルマ作りの本場で製品を磨く
今日のマツダを支えるヨーロピアンR&Dセンターを訪問

2015.09.30 エッセイ
ヨーロピアンR&Dセンター内のデザインモデリングスタジオの様子。
ヨーロピアンR&Dセンター内のデザインモデリングスタジオの様子。

「SKYACTIV(スカイアクティブ)」と呼ばれるさまざまな技術と、独創的な「魂動」デザインで注目を集める今日のマツダ。欧州における開発拠点であるヨーロピアンR&Dセンターを訪問し、マツダのクルマ作りにおいてこの施設が果たす役割と、欧州で同社が何を学んでいるのかを探る。

2015年のフランクフルトショーで発表されたコンセプトカー「マツダ越 KOERU」。
2015年のフランクフルトショーで発表されたコンセプトカー「マツダ越 KOERU」。
マツダモーターヨーロッパの開発拠点であるヨーロピアンR&Dセンター。ドイツのヘッセン州オーバーウァゼルに位置する。
マツダモーターヨーロッパの開発拠点であるヨーロピアンR&Dセンター。ドイツのヘッセン州オーバーウァゼルに位置する。
ヨーロピアンR&Dセンターのエントランスホール。
ヨーロピアンR&Dセンターのエントランスホール。
デザインモデリングスタジオには「越 KOERU」のクレイモデルとデザインスケッチが飾られていた。
デザインモデリングスタジオには「越 KOERU」のクレイモデルとデザインスケッチが飾られていた。
クレイモデラーが使用する工具の数々。
クレイモデラーが使用する工具の数々。

「マツダ越 KOERU」を生み出した欧州の開発拠点

2015年9月15日に開幕したフランクフルトモーターショーにおいて、マツダはクロスオーバータイプのコンセプトモデル「マツダ越 KOERU」を世界初公開した。

このコンセプトカーを手がけたのは、フランクフルト郊外オーバーウァゼルにあるマツダモーターヨーロッパのヨーロピアンR&Dセンターだ。この開発拠点は、マツダが古いロウソク工場を引き取り、1987年に開設したもの。約100人のスタッフがここでは働いており、そのうちの3分の1が日本からの出向者となる。

「海外拠点が開発に貢献できる内容は地域によって違います。ITなどであればアメリカ。そして、ここ欧州はデザインと走りですね」と言うのは、ヨーロピアンR&Dセンターのトップ、ゼネラルマネジャーの猿渡健一郎氏だ。

この開発拠点では、マツダが開発する新型車の試作車を持ち込み、欧州のあちらこちらで走らせている。また、最新の競合車を取り寄せて、その質感や走りを確認するのも、ここの仕事だ。そして、越 KOERUを生み出したように、新型モデルのスタディーを発信するデザインスタジオもある。欧州のデザインのトレンドをキャッチするのも大切な役目だという。

「人材育成という面でもここは大切な拠点です。ヨーロッパのスタンダードは、世界のスタンダードと考える社内の人間もいます。地域によって異なる部分はありますが、基本的なクルマの動かし方は、ヨーロッパがスタンダードでしょう。そうしたことを肌身で感じてもらいたい。そのために、うちは赴任の任期が比較的短く、2~3年です。最近は半年単位の赴任も行っています」と猿渡氏。その結果、マツダの社内では欧州の走りに対する共通のイメージができたという。

「われわれの新世代商品群は、アウトバーンを含めて長い距離を快適に走ることができます。これが大きな成果のひとつだと思います。以前に、試作車を持ち込んで走り込んだところ、骨格から変えないといけないと分かりました。ところがうちは小さな会社なので、簡単にはできません。考え方から変える必要がありました。それが、モノづくり革新であり一括企画でした」

欧州で走りのスタンダードを知ったからこそ、マツダの新世代商品群は誕生した。これこそが、最大の成果ではないだろうか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ