東京モーターショー2015

シトロエン、C4カクタスを日本初公開【東京モーターショー2015】

2015.09.28 自動車ニュース
「シトロエンC4カクタス」
「シトロエンC4カクタス」

【東京モーターショー2015】シトロエンが「C4カクタス」を日本初公開

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年9月28日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)におけるシトロエンブランドの出展概要を発表した。

「グランドC4ピカソ1st Anniversary」
「グランドC4ピカソ1st Anniversary」
「C4」
「C4」

■展示車両は3台、「グランドC4ピカソ」の限定車も

同社は今回の東京モーターショーにおいて合計3台の車両を展示し、「シトロエンが提供する創造性とコンフォート、テクノロジーをプレゼンテーションする」としている。

展示車両は以下の通り。

・「C4カクタス」(参考展示/日本初公開)
独創的なデザインが目を引くコンパクトクロスオーバーモデル。2013年のフランクフルトショーでコンセプトカーが、2014年春のジュネーブショーで市販モデルがお披露目された。およそ1トンという車重の軽さと、ボディーサイドにあしらわれた「エアバンプ」と呼ばれる車両保護用の樹脂パーツなどが特徴で、インテリアは“旅すること”をテーマにデザインされているという。日本導入は2017年を予定。価格は未定となっている。

・「グランドC4ピカソ1st Anniversary」
3列シート7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」の、日本発売1周年を記念した限定モデル。上級グレード「エクスクルーシブ」をベースに、ハーフレザーシートや電動テールゲートなどの装備を追加。販売台数は120台となっている。価格は2015年9月30日に発表される。

・「C4」
大幅な改良を受け、2015年9月に日本に導入されたシトロエンのCセグメントハッチバックモデル。エクステリアの各部に新しいデザインが採用されたほか、パワーユニットは従来の1.6リッター直4ターボから1.2リッター直3ターボへ、トランスミッションは6段EGS(シングルクラッチ式のセミオートマ)からEAT6(トルコン式AT)へ、それぞれ変更されている。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.29 試乗記 シトロエンがCセグメント車「C4」のパワートレインを一新し、1.2リッター直3ターボとトルコン式6段ATを採用した。上級モデル「セダクション アップグレードパッケージ」の試乗を通して感じた、簡単には言い表せないフランス車ならではの魅力を報告する。
  • 「シトロエンC4」が仕様変更、お値段据え置きで装備を強化 2017.7.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンが「シトロエンC4」のラインナップを変更。既存のグレードを廃し、ブランドスポットモニターや日本語表示対応のタッチスクリーンを搭載した新グレード「C4シャイン」「C4シャインBlueHDi」を設定した。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.8.25 試乗記 シトロエンのCセグメントハッチバック車「C4」がマイナーチェンジ。フェイスリフトが施され、新たに1.2リッター直3直噴ターボエンジンとトルコン式6段ATが採用された。その走りの実力と、同じパワートレインを積む「プジョー308」との違いをリポートする。
  • シトロエンC4エクスクルーシブ(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2011.8.25 試乗記 ……299万円
    総合評価……★★★★

    新型「C4」の上級グレード「エクスクルーシブ」をテスト。シトロエンの新しい主力モデルは、強者ぞろいのライバルをしのぐ魅力を持ち得たか?
ホームへ戻る