東京モーターショー2015

DSブランドは5台全てが日本初公開【東京モーターショー2015】

2015.09.28 自動車ニュース
「DS 5 Edition1955」のエンブレム。
「DS 5 Edition1955」のエンブレム。

【東京モーターショー2015】DSブランドは5台全てが日本初公開

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年9月28日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)において、DSブランドのブースを初出展すると発表した。

「DS 4」
「DS 4」
「DS 4」
「DS 4」

「DS 4 クロスバック」


	「DS 4 クロスバック」

■独立したブランドとして出展

DSは、2010年の「シトロエンDS3」デビューとともに登場した商品ラインであり、「アヴァンギャルドの精神『SPIRIT OF AVANTGARDE』」を標ぼうするプレミアムブランドとして、2014年6月1日にシトロエンから独立した。

東京モーターショーにおける展示車両は全5台で、いずれも日本初公開となる。

・DS 4/DS 4 クロスバック
大幅な改良を受けた「DS 4」が出品される。特にフロントまわりの意匠が大きく変更されており、コンセプトカー「Numéro 9」からヒントを得たという「DSウインググリル」と、「DS LED VISIONヘッドライト」を採用。グリルの中央には、DSのエンブレムを配置している。

一方の「DS 4 クロスバック」は、DS 4をベースとしたクロスオーバーモデルであり、ベース車より30mm高い着座位置と、大きなブラックホイールやアーチトリム、スポイラー、ルーフバーなどを備えたエクステリアデザインを特徴としている。

いずれも、エンジンには最高出力165ps/6000rpm、最大トルク24.5kgm/1400-3500rpmを発生する1.6リッター直4ターボを、トランスミッションには6段ATを採用。2016年の日本導入が予定されている。

「DS 5 Edition 1955」
「DS 5 Edition 1955」
「DS 5 Edition1955」
「DS 5 Edition1955」

・DS 5 Edition 1955
1955年にデビューした「シトロエンDS」の誕生60周年を記念して設定された限定モデル。新しい意匠のフロントグリルやDS LED VISIONヘッドランプに加え、フロントドアとリアには60周年の記念ロゴを採用。シリアルナンバープレートやゴールドのセンターホイールキャップ、フロントエンブレムなども装備している。

ボディーカラーは1955年当時のDSを再現したという「ブルーアンクル(ブルーインク)」。販売台数は30台の限定で、価格は2015年10月6日に発表される。

「DS 3 “So Parisienne”」
「DS 3 “So Parisienne”」
「DS 3 “So Parisienne”」
「DS 3 “So Parisienne”」

・DS 3 “So Parisienne”/DS 3カブリオ“So Parisienne”
パリ発のブランドであることを主張する「So Parisienne(ソー・パリジェンヌ)」とネーミングされた限定モデル。3つのLEDを縁取るようにナイトライトLEDとDSモノグラムを施したヘッドランプに加え、BピラーとリアにはSo Parisienneのロゴのステッカーを採用している。

また、既存のモデルとは異なり、エンジンには最高出力110ps/5500rpm、最大トルク20.9kgm/1500rpmを発生する1.2リッター直3ターボを採用。トランスミッションは6段ATとなっている。価格は2015年10月6日に発表される。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS 3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る