東京モーターショー2015

プジョーが2つのスポーツモデルを日本初披露【東京モーターショー2015】

2015.09.28 自動車ニュース
「プジョー308SW GTライン」
「プジョー308SW GTライン」

【東京モーターショー2015】プジョーが2つのスポーツモデルを日本初披露

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年9月28日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)において、プジョーブランドの出展概要を発表した。

■注目は最新ディーゼルと“ブランド史上最強”のホットハッチ

今回の東京モーターショーにおいて、プジョーはブランドスローガンである「MOTION&EMOTION」をテーマに出展。前回よりもブースを拡張し、日本初導入のディーゼルエンジン搭載車をはじめとした5台を展示する予定。

展示車両の概要は以下の通り。

「508GT」
「508GT」

・「508GT」
日本導入を予定している、ディーゼルエンジンを搭載した「508」のスポーツグレードを本邦初公開。最高出力180ps/3750rpm、最大トルク40.8kgm/2000rpm(欧州仕様値)を発生する2リッターBlueHDiディーゼルエンジンと6段ATを搭載している。価格については未定となっている。

「308GTi by PEUGEOT SPORT」
「308GTi by PEUGEOT SPORT」

・「308GTi by PEUGEOT SPORT」
2015年9月のフランクフルトモーターショーで発表された、「308」のハイパフォーマンスモデル。日本への導入が予定されており、今回が本邦初公開となる。プジョーのモータースポーツ部門であるPEUGEOT SPORT(プジョースポール)によりチューニングを施された、「プジョーブランド史上最もパワフルなハッチバックモデル」とうたわれる。

エンジンは最高出力270ps/6000rpm、最大トルク33.7kgm/1900-5000rpm(欧州仕様値)を発生する1.6リッター直4ターボで、トランスミッションには6段MTを採用。同車専用のサスペンションや19インチアルミホイール、トルセン・デフ、フルバケットシートなどを装備している。

展示車両の外装色は、ツートンカラー「クープ・フランシュ」。価格については未定となっている。

「208」
「208」

・「208」
大幅改良によってパワートレインが一新された208が日本初公開される。エンジンは1.2リッター直3ターボで、従来モデルを3割以上も上回る110ps/5500rpmの最高出力と、20.9kgm/1500rpmの最大トルクを発生。トランスミッションは6段ATとなった。また、外装色には「Orange Power(オレンジ・パワー)」を新たに採用している。

日本での販売が予定されているが、価格については未定。展示車両は主力グレードの「アリュール」を予定している。

「2008レザーエディション」
「2008レザーエディション」

・「2008レザーエディション」
コンパクトクロスオーバーモデル「2008」をベースとした300台の限定モデルを、日本初公開。シートヒーター付きのブラックレザーシートを装備している。日本での販売が予定されているが、価格については未定。

このほかの展示車両としては、2015年7月に発売された「308SW GTライン」を予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
2083085082008プジョー東京モーターショー2015イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.9.2 試乗記 「レンジローバー」ファミリーに新たに4番目のモデルが追加された。その名は「ヴェラール」。優雅なスタイリングが自慢のニューフェイスの“フィジカル”を、ノルウェーのオンロードとオフロードで試した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る