東京モーターショー2015

プジョーが2つのスポーツモデルを日本初披露【東京モーターショー2015】

2015.09.28 自動車ニュース
「プジョー308SW GTライン」
「プジョー308SW GTライン」

【東京モーターショー2015】プジョーが2つのスポーツモデルを日本初披露

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年9月28日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)において、プジョーブランドの出展概要を発表した。

■注目は最新ディーゼルと“ブランド史上最強”のホットハッチ

今回の東京モーターショーにおいて、プジョーはブランドスローガンである「MOTION&EMOTION」をテーマに出展。前回よりもブースを拡張し、日本初導入のディーゼルエンジン搭載車をはじめとした5台を展示する予定。

展示車両の概要は以下の通り。

「508GT」
「508GT」

・「508GT」
日本導入を予定している、ディーゼルエンジンを搭載した「508」のスポーツグレードを本邦初公開。最高出力180ps/3750rpm、最大トルク40.8kgm/2000rpm(欧州仕様値)を発生する2リッターBlueHDiディーゼルエンジンと6段ATを搭載している。価格については未定となっている。

「308GTi by PEUGEOT SPORT」
「308GTi by PEUGEOT SPORT」

・「308GTi by PEUGEOT SPORT」
2015年9月のフランクフルトモーターショーで発表された、「308」のハイパフォーマンスモデル。日本への導入が予定されており、今回が本邦初公開となる。プジョーのモータースポーツ部門であるPEUGEOT SPORT(プジョースポール)によりチューニングを施された、「プジョーブランド史上最もパワフルなハッチバックモデル」とうたわれる。

エンジンは最高出力270ps/6000rpm、最大トルク33.7kgm/1900-5000rpm(欧州仕様値)を発生する1.6リッター直4ターボで、トランスミッションには6段MTを採用。同車専用のサスペンションや19インチアルミホイール、トルセン・デフ、フルバケットシートなどを装備している。

展示車両の外装色は、ツートンカラー「クープ・フランシュ」。価格については未定となっている。

「208」
「208」

・「208」
大幅改良によってパワートレインが一新された208が日本初公開される。エンジンは1.2リッター直3ターボで、従来モデルを3割以上も上回る110ps/5500rpmの最高出力と、20.9kgm/1500rpmの最大トルクを発生。トランスミッションは6段ATとなった。また、外装色には「Orange Power(オレンジ・パワー)」を新たに採用している。

日本での販売が予定されているが、価格については未定。展示車両は主力グレードの「アリュール」を予定している。

「2008レザーエディション」
「2008レザーエディション」

・「2008レザーエディション」
コンパクトクロスオーバーモデル「2008」をベースとした300台の限定モデルを、日本初公開。シートヒーター付きのブラックレザーシートを装備している。日本での販売が予定されているが、価格については未定。

このほかの展示車両としては、2015年7月に発売された「308SW GTライン」を予定している。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る