東京モーターショー2015

プジョーが2つのスポーツモデルを日本初披露【東京モーターショー2015】

2015.09.28 自動車ニュース
「プジョー308SW GTライン」
「プジョー308SW GTライン」

【東京モーターショー2015】プジョーが2つのスポーツモデルを日本初披露

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年9月28日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)において、プジョーブランドの出展概要を発表した。

■注目は最新ディーゼルと“ブランド史上最強”のホットハッチ

今回の東京モーターショーにおいて、プジョーはブランドスローガンである「MOTION&EMOTION」をテーマに出展。前回よりもブースを拡張し、日本初導入のディーゼルエンジン搭載車をはじめとした5台を展示する予定。

展示車両の概要は以下の通り。

「508GT」
「508GT」

・「508GT」
日本導入を予定している、ディーゼルエンジンを搭載した「508」のスポーツグレードを本邦初公開。最高出力180ps/3750rpm、最大トルク40.8kgm/2000rpm(欧州仕様値)を発生する2リッターBlueHDiディーゼルエンジンと6段ATを搭載している。価格については未定となっている。

「308GTi by PEUGEOT SPORT」
「308GTi by PEUGEOT SPORT」

・「308GTi by PEUGEOT SPORT」
2015年9月のフランクフルトモーターショーで発表された、「308」のハイパフォーマンスモデル。日本への導入が予定されており、今回が本邦初公開となる。プジョーのモータースポーツ部門であるPEUGEOT SPORT(プジョースポール)によりチューニングを施された、「プジョーブランド史上最もパワフルなハッチバックモデル」とうたわれる。

エンジンは最高出力270ps/6000rpm、最大トルク33.7kgm/1900-5000rpm(欧州仕様値)を発生する1.6リッター直4ターボで、トランスミッションには6段MTを採用。同車専用のサスペンションや19インチアルミホイール、トルセン・デフ、フルバケットシートなどを装備している。

展示車両の外装色は、ツートンカラー「クープ・フランシュ」。価格については未定となっている。

「208」
「208」

・「208」
大幅改良によってパワートレインが一新された208が日本初公開される。エンジンは1.2リッター直3ターボで、従来モデルを3割以上も上回る110ps/5500rpmの最高出力と、20.9kgm/1500rpmの最大トルクを発生。トランスミッションは6段ATとなった。また、外装色には「Orange Power(オレンジ・パワー)」を新たに採用している。

日本での販売が予定されているが、価格については未定。展示車両は主力グレードの「アリュール」を予定している。

「2008レザーエディション」
「2008レザーエディション」

・「2008レザーエディション」
コンパクトクロスオーバーモデル「2008」をベースとした300台の限定モデルを、日本初公開。シートヒーター付きのブラックレザーシートを装備している。日本での販売が予定されているが、価格については未定。

このほかの展示車両としては、2015年7月に発売された「308SW GTライン」を予定している。

(webCG)
 

関連記事
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る