アウディS8が活躍、映画の主演俳優が会見

2015.09.28 自動車ニュース
映画『トランスポーター イグニション』に主演のエド・スクレイン。
映画『トランスポーター イグニション』に主演のエド・スクレイン。

「アウディS8」が活躍する映画『トランスポーター イグニション』の主演俳優が会見

映画『トランスポーター イグニション』の公開に先立ち、2015年9月28日に東京・表参道のアウディフォーラム東京で、主演のエド・スクレインが記者会見を行った。

「アウディA8」に乗って登場。
「アウディA8」に乗って登場。
スペシャルゲストの佐々木希さんとのトークセッションも行われた。
スペシャルゲストの佐々木希さんとのトークセッションも行われた。
『トランスポーター イグニション』の大ヒットを祈願して、20枚の瓦割りに挑戦。見事1回で成功!
『トランスポーター イグニション』の大ヒットを祈願して、20枚の瓦割りに挑戦。見事1回で成功!
 
アウディS8が活躍、映画の主演俳優が会見の画像
映画に登場する「アウディS8」。
映画に登場する「アウディS8」。

あの“天才運び屋”がやって来た! 映画『トランスポーター』シリーズでいつもワケありの依頼品を運ぶすご腕ドライバーのことだ。2015年10月24日に公開される最新作『トランスポーター イグニション』では、これまでのジェイソン・ステイサムに代わってエド・スクレインが2代目フランク・マーティンを務める。

アウディフォーラムが会見の場になったのは、映画の中で乗るクルマが「アウディS8」だから。華麗なドライビングテクニックを駆使し、ワルモノや警察を蹴散らすカーチェイスを全編で繰り広げる。会見場に「A8」(なぜかS8ではなかった)で乗りつけるという演出で、ワイルド系イケメンのエドが登場。今回は“荷物”が美女3人という設定にちなみ、“日本を代表する美女”の佐々木希を後席に乗せて現れた。

佐々木は「本当にカッコいい! 透き通るような目が印象的でした」とエドをベタぼめ。「日本はこれから紅葉の季節なので、私の地元の秋田に景色を見にきてほしい」とアピールした。でも、2日間あったオフの時間にエドが訪れたのは秋葉原。「ボクは日本のマンガやアニメが大好きなんだ。とても楽しかったよ。実はこの作品のオファーの電話があった時も、息子とベッドに寝転んでアニメを見ていたんだ」と話した。

トークの後で、ヒット祈願のためにエドはなぜか瓦割りを披露。カーチェイスに加えて激しい格闘シーンも見どころということを強調したかったらしい。前任者のジェイソン・ステイサムは『ワイルド・スピード スカイミッション』での悪役などですっかり乱暴者のイメージを確立しているから、エドも肉体派俳優として今後の活躍が期待される。

エドが「アクションとアドベンチャーがいっぱいの映画なので、楽しめると思うよ。ぜひ観てください!」と話したとおり、肩のこらないエンターテインメント作品。特にアウディファンは間違いなくハッピーになれるはずだ。

『トランスポーター イグニション』は、2015年10月24日(土)より新宿バルト9ほか全国でロードショー。

(文=鈴木真人/写真=webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。