第418回:大矢アキオのフランクフルトショー2015(後編:街角にて)
「ドイツかぶれ」の落とし穴

2015.10.02 エッセイ

有名な戯曲から始まっていた

「揺らぐドイツブランドの信頼性」――皮肉にも、フランクフルトショーの期間中に、そうした見出しが欧州各国メディアのヘッドラインに躍ってしまった。

昨今の事件、ドイツゆえに不利だ。それは学校を考えればわかる。日ごろから悪ふざけばかりしている生徒がテストで大きな過ちをしても「そんなものか」とあまりとがめられない。だが、成績優秀な生徒が小さな間違いを犯すと、「なんであなたが」と詰問されるのと似ている。「揺らぐイタリア製品の信頼性」という見出しがピンとこないのを考えればわかる……おっと、口が滑ってしまった。

ボクが住むイタリアでも、ドイツ人観光客に対しては「いつもリンゴ片手にダサいサンダルを履いて歩いている」と笑ういっぽうで、ドイツの工業製品に対するイメージは良い。服飾関係の職人の工房に行くと、古いドイツ製ミシンがあって、「親の代から使っている、これが一番」と自慢げに見せてくれる。また、エレベーターの販売・保守をなりわいとする知人も、大半の工具はドイツブランドである。

日本人もドイツブランドに対する信頼が高い。クルマにとどまらず、カメラ、刃物、筆記具、印刷機など、その領域は幅広い。
起源をたどれば、明治以降に西洋文明を取り入れる過程において、ドイツが格好のお手本だったことに始まる。特に医学の分野においてドイツに範をとったことで、教養のある人=ドイツに深い造詣というステレオタイプができあがっていった。それは音楽の世界でも同じである。
同時に、オペレッタ『学生王子』の原作である戯曲『アルト・ハイデルベルク』(古い人はハイデルベル“ヒ”と言う)や、森鴎外の小説『舞姫』、さらにはオーストリアを舞台にしたドイツ映画『会議は踊る』など、数々の恋物語が、日本人の中のドイツ幻想をさらに増幅させた。

ボク自身は、そうしたドイツ憧れ世代の生き残り教師や親に育てられた、最後の世代だと思う。だからボク自身もドイツに“かぶれて”しまい、音大生時代の教育実習では、生徒にドイツマルク硬貨を受け渡しさせ、「ダンケシェーン(どうもありがとう)」「ビテシェーン(どういたしまして)」と言わせたりしたものだった。

モーターショー取材終了後、フランクフルト中央駅を望む。
幼少時、わが家にあったユンハンス製目覚まし時計の同型品。パリの知人宅にて。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。