次期「メルセデスSL」の注目技術公開される

2011.11.24 自動車ニュース
開発テスト中の次期型「メルセデス・ベンツSL」。
次期「メルセデスSL」の注目技術公開される

独ダイムラーが次期「メルセデスSL」の注目技術を公表

2011年11月22日、独ダイムラーは、開発中の次期「メルセデス・ベンツSLクラス」のプロトタイプの画像、およびその特徴を公表した。

次期型「SLクラス」のオールアルミ製ボディーシェル(画像下も)。
次期型「SLクラス」のオールアルミ製ボディーシェル(画像下も)。
次期「メルセデスSL」の注目技術公開されるの画像

■最大140kgの軽量化を実現

1954年に登場した初代「300SL」から数えて、5代目となる現行「SL」(R230)のデビューは2001年。10年目を迎え、そろそろ次期モデルの登場がうわさされていたが、本家のメルセデスから擬装したテスト車両とホワイトボディーの画像、および主な特徴が公表された。それによると、次期SLの特徴は「less weight」 「more vision」「more sound」である。

「less weight」とは、ズバリ「軽量化」。「SL」という車名の由来である「sportyかつlightweight」の意味するところへ回帰すべく、メルセデスの量産車としては初のオールアルミ製のボディーシェルを採用。アルミの使用率はボディーシェル全体の89%に及び、アルミでないのは転倒時の生存空間確保のために強靭(きょうじん)なスチールを使ったAピラーとルーフフレーム、そしてやはり軽量なマグネシウムを使ったリアパネルのみだそうだ。これによってボディーシェル単体では従来のスチール製に対して110kgの軽量化に成功、車両全体では次期「SL500」は現行モデル比で125kg、「SL350」では140kgのダイエットを果たすという。


次期「メルセデスSL」の注目技術公開されるの画像
新技術「MAGIC VISION CONTROL」。ワイパーのブレードそのものからウォッシャー液が吐出する。
新技術「MAGIC VISION CONTROL」。ワイパーのブレードそのものからウォッシャー液が吐出する。

■ワイパーブレードから水が出る!?

「more vision」とは、「より優れた視界」である。そのために開発されたのが、「MAGIC VISION CONTROL」と称するウインドスクリーン(フロントガラス)のワイパー/ウォッシャーシステム。ボンネット上の噴出孔からウインドスクリーンに向かってウォッシャー液を噴出する従来のウォッシャーに代わって、ワイパーブレードに等間隔に内蔵されたいくつもの(画像で数えたところ20近く)穴からウォシャー液が吐出するというものだ。

これまでのようにドライバーの視界を妨げるウォッシャー液の飛沫(ひまつ)を見ることもなく、まるで魔法のようにウインドスクリーンがキレイになり、しかも季節や気温、走行速度によってスクリーンの汚れ具合を判断してウォッシャー液の吐出量を調整したり、オープン時には室内にウォッシャー液の飛沫が入り込まないように吐出方向を調整するなどのインテリジェンス機能も備えているという。さらにワイパーブレードに寒冷時の凍結対策としてヒーテッド機能もオプションで備えることができるそうで、いつ何時も良好な視界が保たれるというわけだ。

ボディーシェル自体をスピーカーボックスとして用いる「FrontBass」のイメージ図。
ボディーシェル自体をスピーカーボックスとして用いる「FrontBass」のイメージ図。

次期「メルセデスSL」の注目技術公開されるの画像

次期「メルセデスSL」の注目技術公開されるの画像

■サウンドシステムも画期的

「more sound」とは、「車内で音楽がより楽しめるようになる」ことである。そのキモとなるのが「FrontBass」と呼ばれる低音用のスピーカー。カーオーディオにおいて、中低音を受け持つフロントスピーカーはドアに埋め込むのが常識だったが、次期「SL」ではなんとスカットル(またの呼び名をファイアウォール、エンジンルームと室内の隔壁)の足元付近に穴を開け、直接スピーカーユニットを埋め込んでいるのだ。これは新しいアルミ製ボディーシェルの構造が可能にしたワザであり、ボディーシェル自体がスピーカーボックスとして機能する。この「FrontBass」を中心とする新たなオーディオシステムによって、オープンの際にもよりクリアでダイナミックなサウンドが楽しめるという。

以上の3つが、公表された次期「SL」の特徴である。オールアルミ製ボディーシェルはともかく、あとの2つについてはピンとこない人もいるかもしれない。しかし、考えてみればワイパー/ウォッシャーシステムは、数十年も基本的に進化のなかった機構である。そこに目をつけたのは、さすがメルセデスという気がする。また、メルセデスのような従来はお堅い印象の強かったメーカーが、アメニティー装備である「たかが」オーディオにここまで大胆に踏み込んだのも興味深い。
そんな次期型「SL」だが、うわさによれば2012年1月のデトロイトショーでワールドプレミアを果たすのではないかといわれている。

(文=沼田 亨)

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 第349回:メルセデス・ベンツのデザイナーが語る
    “モダンラグジュアリー”と“ドリームカー”
    2016.6.10 エディターから一言 メルセデス・ベンツが「Sクラス カブリオレ」をはじめとする3台のオープンカーを日本に導入。発表会に合わせて来日したデザイナーに、新しいデザインコンセプトである“モダンラグジュアリー”とは何か、そして3台の“ドリームカー”について話を聞いた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】 2012.10.17 試乗記 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)
    ……2245万円

    飛ばせば矢のように速く、流せば無類の底力を発揮する「SL63 AMG」。このスーパーロードスターを心地よく走らせるにはどうしたらいい? 初秋の南房総を行く。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る