メルセデス、Cクラスにディーゼルモデルを設定

2015.09.29 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC220d」
「メルセデス・ベンツC220d」

メルセデス・ベンツが「Cクラス」にディーゼルモデルを設定

メルセデス・ベンツ日本は2015年9月28日、「Cクラス」のセダンおよびステーションワゴンに、クリーンディーゼルモデルの「C220d」を設定し、予約受け付けを開始した。発売は同年10月の予定。

「メルセデス・ベンツC220d」
「メルセデス・ベンツC220d」
「C220dステーションワゴン」
「C220dステーションワゴン」
2.1リッター直4ディーゼルターボユニットは170psと40.8kgmを発生する。
2.1リッター直4ディーゼルターボユニットは170psと40.8kgmを発生する。
尿素水溶液の補充口は、燃料の給油口の左側(水色のキャップの方)に設けられている。
尿素水溶液の補充口は、燃料の給油口の左側(水色のキャップの方)に設けられている。

■9段ATを組み合わせ、燃費は19.6km/リッター以上

今回Cクラスに追加設定されたのは、「C220dアバンギャルド」「C220dステーションワゴン アバンギャルド」「C200dステーションワゴン スポーツ」「C220dステーションワゴン スポーツ(本革仕様)」の4モデル。いずれも、最新の2.1リッター直4ディーゼルターボエンジンが搭載されている。

燃料噴射システムはピエゾインジェクターを用いたコモンレール式。ターボラグを解消しつつ必要なブースト圧を引き出すため、排気の流れを制御する可変フラップを備えた2ステージターボチャージャーを装備している。また、トランスミッションにはCクラス初となるトルコン式9段AT「9G-TRONIC」を採用。これらの技術により、同エンジンは最高出力170ps、最大トルク40.8kgmを発生し、セダンで20.3km/リッター、ステーションワゴンで19.6km/リッターという燃費(ともにJC08モード)性能を実現している。

一方、排出ガスの後処理には、尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」を噴射して化学反応を発生させ、窒素酸化物(NOx)を削減する尿素SCR(選択型触媒還元)ディーゼル排出ガス処理システム「BlueTEC(ブルーテック)」を採用。日本の排出ガス規制に適合させている。

価格は以下の通り。

・C220dアバンギャルド:559万円
・C220dステーションワゴン アバンギャルド:595万円
・C220dステーションワゴン スポーツ:641万円
・C220dステーションワゴン スポーツ(本革仕様):679万円

(webCG)

→「メルセデス・ベンツC220d」の発表会の様子はこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る