リンカーン・ナビゲーター(4WD/6AT)

あの“グルーヴ”が懐かしい 2015.10.05 試乗記 アメリカが誇るフルサイズSUVにもエコの波が到来? 新たに3.5リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「リンカーン・ナビゲーター」に試乗し、最新のダウンサイジングターボにできること、できないことを確かめた。

今日は燃費競争、明日はパワーウォーズ

フォードのフルサイズピックアップトラック「Fシリーズ」といえば、長年にわたりアメリカで最も売れている自動車の座を守り続ける同社の顔。現地では“Fトラック”などと呼ばれるものの、トラックというよりはクルマの代名詞みたいなものと言っても大げさではないだろう。

そのFトラックに今日日のダウンサイジングコンセプトが採用されたのは5年前のこと。3.5リッターV6をターボ過給した、フォードいわくの「エコブースト」ユニットは、従来の4.6リッターV8の代替的存在として市場で受け入れられ、一時はFトラックの販売の4割を占めるほどになった。
えっ、アメリカ人、V8じゃなくていいの?というのはいささか古い考えなのだろう。時がたてば世代も変わり、世代が変われば価値観も動くということだ。

加えて言えば、かの地の方々は景気や原油価格の上下によって、欲求をガラリと変える。それはもう、日本的な感覚で言えば「今日は寒いからラーメンの方がつけ麺より出るぞ」というレベルでだ。「F-150」に3.5エコブーストが積まれた頃といえば、アメリカはリーマンショック後のどん詰まり感にあえいでいた時期。シェールがいけるとなって景気が上向き、中国経済減速も手伝って原油価格が下落中の今ならば、同じF-150でも「新型『ラプター』まだかいな?」と、そういうムードになっていても全然おかしくない。

フォード系のプレミアムブランド、リンカーンがラインナップするフルサイズSUV「ナビゲーター」。現行モデルの本国デビューは2006年のことで、日本では2008年に販売が開始された。
「リンカーン・ナビゲーター」のインテリア。2015年モデルでは、左右対称のダッシュボード形状は踏襲しつつ、各部の質感が大幅に高められている。
フロントマスクは従来モデルから刷新。今日のリンカーン車のアイコンとなっている、「スプリット・ウイング・グリル」が採用された。
「ECOBOOST(エコブースト)」とは、フォード車に搭載されるダウンサイジングターボエンジンの総称。「ナビゲーター」には3.5リッターV6直噴ツインターボエンジンが搭載される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • リンカーンMKX(4WD/6AT)【試乗記】 2011.4.12 試乗記 リンカーンMKX(4WD/6AT)
    ……631万5225円

    見た目から中身まで刷新された、リンカーンブランドのSUV「MKX」に試乗。果たして、その仕上がり具合は?
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
ホームへ戻る