ボルボS60 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)

D4ボルボを辛口に 2015.10.02 試乗記 ボルボのエンジンを辛口に仕立てる性能向上ソフトウエアキット「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」に、ディーゼルのD4エンジン向けが登場した。ポールスターがモータースポーツのスパイスをひと振りすると、「S60 D4 R-DESIGN」の走りはどう変わるのだろうか。

ディーゼル用性能向上キット

どうやら潮目が変わった、と皆さんも感じているのではないだろうか。ディーゼル乗用車の販売台数が全体に占める割合はまだまだ小さいけれど、先日、ボルボ・カー・ジャパンが新世代ディーゼル“D4”エンジンを搭載した「V40」から「XC60」までの主力モデル5車種を一挙に発売するという英断を下したことで、この流れはますます強い潮流になっていくはずである。

最新ディーゼルモデルで攻勢をかける姿勢を明確にしたそのボルボ・ジャパンは、息もつかせずディーゼルのD4とガソリンT5エンジン用のポールスター・パフォーマンス・パッケージを発売した。ポールスター・パフォーマンス・パッケージは、これまでガソリンターボのT4およびT6エンジン向けに用意されていた性能向上ソフトウエアキットだが、今回新たにガソリンのT5、およびディーゼルターボのD4エンジン用が追加設定された。同パッケージの内容は、エンジンやトランスミッションを制御する専用プログラムと、リアに装着される控えめなエンブレム、オーナーズブック(英語版)といったもの。ソフトウエアによるアップデート、あるいは昔でいうところのROMチューンのようなものだから、新車購入時だけでなく、後から装着することも可能である点が特徴で、さらにもちろん標準車とまったく同じようにメーカー保証も付く。同パッケージは昨年およそ1300台分も売れたという。国内販売台数の約1割ものカスタマーが装着したことになるから、なかなかの人気である。価格は作業工賃込みで18万8000円である。

ちなみにポールスター社(ポールスター・パフォーマンスAB)とは、1996年設立のレーシングスペシャリストで、長らくボルボのパートナーとしてツーリングカーレースで活躍、その後2009年から市販モデルのチューンアップソフトウエア・ビジネスにも進出し、つい先日(今年7月)ボルボの子会社として(レース部門を除いて)吸収されたという。

「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」装着車であることを示す“パーツ”は、外装だけでなく内装も含め、リアエンドに貼られたこの「POLESTAR」エンブレムしかない。パッケージはD4エンジンを搭載する「V40」シリーズと「S60」「V60」「XC60」に対応している。
「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」装着車であることを示す“パーツ”は、外装だけでなく内装も含め、リアエンドに貼られたこの「POLESTAR」エンブレムしかない。パッケージはD4エンジンを搭載する「V40」シリーズと「S60」「V60」「XC60」に対応している。
インテリアの仕立てはベース車両に準じる(試乗車は「S60 D4 R-DESIGN」)。
インテリアの仕立てはベース車両に準じる(試乗車は「S60 D4 R-DESIGN」)。
専用ソフトウエアによって、2リッター直4ディーゼルエンジンのパワーは190psから200psへ、トルクは40.8kgmから44.9kgmへ強化される。
専用ソフトウエアによって、2リッター直4ディーゼルエンジンのパワーは190psから200psへ、トルクは40.8kgmから44.9kgmへ強化される。
試乗車のボディーカラーは「クリスタルホワイトパール」。
試乗車のボディーカラーは「クリスタルホワイトパール」。
関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.18 試乗記 これまでの3リッター直6エンジンに代えて、新世代の2リッター直4エンジンが搭載された「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」に試乗。ターボとスーパーチャージャーの両方を搭載した新ユニットの実力やいかに? 雪の舞う東京‐新潟の往復ルートで、その走りを試した。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボS60 T3 SE(FF/6AT)/XC60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.23 試乗記 ボルボの60シリーズに新しいDrive-Eエンジンが2機種、搭載された。1.5リッター直4ターボのT3ユニットを積む「S60」と、2リッター直4ターボ+スーパーチャージャーのT6ユニットを搭載する「XC60」に試乗し、その実力を確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る