東京モーターショー2015

市販も間近!? スズキ・イグニスの姿が明らかに【東京モーターショー2015】

2015.09.30 自動車ニュース
「スズキ・イグニス」
「スズキ・イグニス」

【東京モーターショー2015】市販も間近!? 「スズキ・イグニス」の姿が明らかに

スズキは2015年9月30日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)に、コンパクトクロスオーバー「IGNIS(イグニス)」を出展すると発表した。

 
市販も間近!? スズキ・イグニスの姿が明らかに【東京モーターショー2015】の画像
インテリアの様子。各所に、オレンジのアクセントカラーが添えられる。
インテリアの様子。各所に、オレンジのアクセントカラーが添えられる。
 
市販も間近!? スズキ・イグニスの姿が明らかに【東京モーターショー2015】の画像

■オフロードにも自信

スズキ・イグニスは、「オンにもオフにも使える小型車の新ジャンル」とうたわれる、コンパクトなクロスオーバーモデル。
シンプルながら愛着や親しみが感じられるようデザインしたというエクステリアは、グリルとヘッドランプ周辺部がひとつながりになったフロントまわりや五角形のリアサイドウィンドウ、躍動感のあるリアビューが特徴。一方、インテリアは、オーディオやメーター類、エアコンパネルなどのデザインを独立型とすることで、先進性が強調されている。
その姿形からは、2015年3月のジュネーブショーに出展されたコンセプトモデル「iM-4」の、より生産型に近いモデルと推測される。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=3700×1660×1595mm。同社を代表するコンパクトハッチバック「スイフト」のFF車(同3850×1695×1500mm)と比べた場合、全長が150mm長く、全幅は35mm小さく、全高は95mm高くなっている。
ロードクリアランスはやや大きめで、最低地上高はスイフトより50mm高い180mm。ホイールベースはスイフト(2430mm)とほぼ同じ、2435mmが確保される。

パワーユニットは1.2リッター直4「デュアルジェット」エンジンで、“マイルドハイブリッド”と名付けられた簡易型ハイブリッドシステムが組み合わされる。トランスミッションはCVTのみ。駆動方式はFFまたは4WDとなる。

走りをサポートする装備としては、「グリップコントロール」や「ヒルディセントコントロール」(以上4WD車)、衝突被害を軽減するための「デュアルカメラブレーキサポート」「誤発進抑制機能」などが与えられる。

「イグニス トレイル コンセプト」
「イグニス トレイル コンセプト」
ブラックとホワイトのツートンカラーが目を引く、「イグニス トレイル コンセプト」のインテリア。
ブラックとホワイトのツートンカラーが目を引く、「イグニス トレイル コンセプト」のインテリア。
 
市販も間近!? スズキ・イグニスの姿が明らかに【東京モーターショー2015】の画像

■さらに特徴の際立つモデルも

今回のショーでは、イグニスの持つオフロードテイストをさらに強めたコンセプトモデル「IGNIS-Trail concept(イグニス トレイル コンセプト)」も出展される。

エンジンをはじめとする機関部分こそ変わらないものの、イグニス トレイル コンセプトには、アーチモール、スプラッシュガード、ルーフレール、(イグニスよりも1インチ大きい)17インチタイヤ&ホイールなどが与えられ、アクティブな印象がより強調されている。
ボディーサイズも、イグニスよりも30mm幅広く、25mm背が高くなる(全長は同じ)。

インテリアは、コントラストの際立つ、ブラック×ホワイトのカラーリングが特徴。さらにシートには、エクステリアのアクセントカラーと同じオレンジのパイピングが施される。

(webCG)
 

関連記事
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.25 試乗記 ターゲットは「フォード・フォーカス」? スズキから新しいコンパクトモデルの「バレーノ」が登場。新開発のBセグメントプラットフォームの実力やいかに? 1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した上級グレード「XT」を借り出し、その走りを試した。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)/バレーノXG(FF/CVT)【試乗記】 2016.4.14 試乗記 スズキの新型Bセグメントコンパクト「バレーノ」がいよいよ日本でも発売された。インドで生産され、スズキの“お膝元”へと輸出される新しいグローバルカーの出来栄えやいかに? 運動性能と快適性を中心に、その実力を確かめた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)/イグニス ハイブリッドMZ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.2.24 試乗記 ありそうでなかったAセグメントのクロスオーバーSUV「スズキ・イグニス」。“軽自動車のちょっと上”という絶妙なボディーサイズと、多彩なシートアレンジをはじめとした使い勝手のよさ、そして“メガネ顔”のファニーなデザインが織り成す、その魅力に触れた。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • 【上海ショー2017】スズキが「イグニス」と「SX4 S-CROSS」を中国市場に投入 2017.4.19 自動車ニュース スズキが上海ショーの出展概要を発表。コンパクトクロスオーバーの「イグニス」、およびCセグメントクロスオーバーの「SX4 S-CROSS」を公開した。ともに2017年中の中国市場投入が予定されている。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
ホームへ戻る