第108回:白昼のトラック強盗――かくも野蛮だったアメリカ
『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』

2015.09.30 エッセイ

最も暴力的な年は1981年

この映画の原題は『A Most Violent Year』である。最も暴力的な年。それは、カウボーイが活躍した頃でもなければ、アル・カポネが勢力を伸ばしていた時代でもない。1981年のニューヨークが物語の舞台なのだ。ごく最近ではないか。アメリカは世界で最も近代的な文明国家として確固たる地位を築いていたはずなのに、統計では一番犯罪が多かったのがこの年なのだという。華やかな街の裏側では恐ろしくワイルドな争闘が行われていた。

アメリカン・ドリームを信じた男の話である。貧しい移民だったアベル(オスカー・アイザック)は、灯油会社スタンダード・ヒーティング・カンパニーの社長として成功を収めていた。新たに土地を購入して、さらなる事業の拡大を目指す。全財産を投入して手付金を払ったので、契約完了のためには30日以内に残金を渡せばいい。銀行から融資の約束を取り付けてあるから、これで業界のトップに立つことは確実になった。

ひとつだけ懸念材料があった。灯油を運ぶトラックが襲撃される事件が頻発していたのだ。手口は乱暴で荒っぽい。トラックの前にクルマを停めて進路をさえぎり、運転手を殴って引きずり下ろす。トラックごと灯油を強奪するのだ。中身を抜いてタンクに流し込み、トラックをどこかに乗り捨てれば作業は終了。証拠は何も残らない。6000ドル分の灯油がただで手に入る。まるで『仁義なき戦い』の時代のような野蛮さである。繰り返すが、これは1981年の話なのだ。

(C)2014 PM/IN Finance.LLC.
 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。