東京モーターショー2015

スズキ、小型ハッチバック車のバレーノを出展【東京モーターショー2015】

2015.09.30 自動車ニュース
「スズキ・バレーノ」

【東京モーターショー2015】スズキ、新型コンパクトハッチバック「バレーノ」を出展

スズキは2015年9月30日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)に、新型車「バレーノ」を出展すると発表した。

 
「ブースタージェット」と名付けられた、直噴の1リッター直3ターボエンジン。
「バレーノ」(欧州仕様車)のインテリア。

バレーノは、Bセグメントに属するスズキの新型ハッチバック車。先の第66回フランクフルトショーで世界初公開された。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3995×1745×1470mmで、ホイールベースは2520mm。
「Liquid Flow(リキッドフロー)」をテーマに掲げるロー&ワイドなスタイリングや、シルバーのアクセントで飾られる広々としたブラック内装、ゆとりある荷室(標準状態で容量350リッター)などがセリングポイントとなっている。

パワーユニットは、新開発の1リッター直3ターボ「ブースタージェット」エンジンのほか、1.2リッター直4「デュアルジェット」エンジンが用意される。駆動方式はFFのみ。

ミリ波レーダーを用いた衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートII」や「アダプティブクルーズコントロール」などの運転支援システムも備わる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。