東京モーターショー2015

ホンダが新型NSXを日本初公開【東京モーターショー2015】

2015.09.30 自動車ニュース
「NSX」プロトタイプモデル
「NSX」プロトタイプモデル

【東京モーターショー2015】ホンダが新型「NSX」を日本初公開

本田技研工業は、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)において、ハイブリッドシステムを搭載するミドシップの2座スポーツクーペ「NSX」のプロトタイプモデルを日本初公開する。(関連記事はこちら

 
ホンダが新型NSXを日本初公開【東京モーターショー2015】の画像

■V6エンジン+3モーターのパワーユニットを搭載

新型NSXは、軽量の複合素材ボディーに、「SPORT HYBRID SH-AWD」と呼ばれる3モーターハイブリッドシステムを搭載したスーパースポーツモデル。
キャビンの背後に縦置きされる新開発の直噴V型6気筒ツインターボエンジンに、モーターを内蔵した9段デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせ、前輪は左右個別のモーターを持つTMU(ツインモーターユニット)で駆動する。TMUは、駆動力と減速力を制御するトルクベクタリングを実現しており、全速度域でのライントレース性を高めているという。

ボディーは、アルミニウムや超高張力鋼板、その他の先進素材などをユニット化したスペースフレームデザインを採用することで、ねじれ、曲げ剛性が高められている。また、世界初の鋳造技術により、アルミニウムと超高張力鋼板によるボディーパネルとカーボンファイバー製フロアが高精度で結合され、軽量化が図られている。

サスペンションは、前後ともオールアルミニウム製。フロント19インチ、リア20インチサイズのタイヤを装着し、ブレーキシステムはフロント6ポット、リア4ポットのモノブロックキャリパーにカーボンセラミックブレーキディスクが組み合わされる。

走行モードを切り替える「Integrated Dynamic System」は、「Quiet」「Sport」「Sport+」「Track」の各モードを搭載。ダイヤル操作で切り替えが可能で、エンジン、モーター、トランスミッションやシャシーのレスポンスが制御される。Quietモードでは、低速域において電動走行のみによる静粛走行も可能だ。また、発進時にエンジンと3モーターをフル稼働させて加速する「ローンチモード」も備わる。

ホンダは新型NSXを「ドライバーの操る意思に応え、その能力を最大限に引き出す一台」とし、「新時代のスーパースポーツ体験(New Sports eXperience)」と位置づけている。

(文=工藤考浩)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NSXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 3基のモーターと3.5リッターツインターボエンジンからなる、独自のハイブリッドシステムを搭載した新型「ホンダNSX」。開発テーマである「New Sport eXperience=新たな走りの喜び」とはどんなものなのか。その出来栄えを、オープンロードで確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • 第3回:“人車一体”が味わえる!
    「CTSセダン」街乗りインプレッション
    2017.3.3 特集 キャデラックのセダンと聞いて、皆さんはどんな走りのクルマをイメージするだろうか? 今回は、webCG編集部のスタッフが、ミッドサイズセダン「CTS」に初めて試乗。その印象を報告する。
ホームへ戻る