東京モーターショー2015

ホンダ・オデッセイにハイブリッドモデルが登場【東京モーターショー2015】

2015.09.30 自動車ニュース

【東京モーターショー2015】「ホンダ・オデッセイ」にハイブリッドモデルが登場

本田技研工業は、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)で、ミニバン「オデッセイ」のハイブリッドモデルを世界初公開する。

■アコード ハイブリッドの「i-MMD」を搭載

現行オデッセイは2.4リッター直列4気筒ガソリンエンジンのみのラインナップとなっており(「オデッセイ アブソルート」は直噴タイプのエンジンを搭載)、ハイブリッド車の登場によりパワートレインの選択肢が広がることとなる。

新たに搭載されるのは、「アコード ハイブリッド」にも採用されているホンダの2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」で、ホンダとして初めてIPU(インテリジェントパワーユニット。バッテリーと制御装置を一体化したユニット)を1列目シート下に配置することで、広々とした室内空間を確保したという。

(文=工藤考浩)

「ホンダ・オデッセイ」(写真はガソリンモデル)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る