東京モーターショー2015

ホンダが2人乗りの次世代モビリティーを出展【東京モーターショー2015】

2015.09.30 自動車ニュース
「Honda WANDER STAND CONCEPT(ホンダ ワンダー スタンド コンセプト)」。デザインはあの「ホンダ不夜城」をほうふつとさせる。
「Honda WANDER STAND CONCEPT(ホンダ ワンダー スタンド コンセプト)」。デザインはあの「ホンダ不夜城」をほうふつとさせる。

【東京モーターショー2015】ホンダが2人乗りの次世代モビリティーを出展

本田技研工業は、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)に、2人乗りの次世代モビリティー「WANDER STAND CONCEPT(ワンダー スタンド コンセプト)」を出展する。

 
ホンダが2人乗りの次世代モビリティーを出展【東京モーターショー2015】の画像
 
ホンダが2人乗りの次世代モビリティーを出展【東京モーターショー2015】の画像

■全方位駆動車輪システムを採用

ワンダー スタンド コンセプトは、ホンダが「ワンダー=自由に動き回る」をコンセプトに開発するモビリティーの一つで、大人2人が並んで乗車できる空間をコンパクトなボディーで具現したコンセプトモデル。

着座型のパーソナルモビリティ―「UNI-CUB(ユニカブ)」にも用いられる全方位駆動車輪機構「Honda Omni Traction Drive System」を応用したドライブシステムを採用し、前後、真横、斜めに移動可能で、自動運転モードも搭載する。

インテリアは、フロアからシートまでがレッドに統一され、京都西陣の技術を用いたシート表皮を採用する。

(文=工藤考浩)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。