VWポロに燃費23.4km/リッターの限定車

2015.09.30 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション」
「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション」

「フォルクスワーゲン・ポロ」に燃費23.4km/リッターの限定車

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年9月29日、燃費性能を向上させた「ポロ ブルーモーション」を300台の限定で発売した。

1リッター直3ガソリンターボエンジン。「up!」の自然吸気ユニットをターボ化したもの。
1リッター直3ガソリンターボエンジン。「up!」の自然吸気ユニットをターボ化したもの。
青いアクセントが入る専用ファブリックシートが装着される。
青いアクセントが入る専用ファブリックシートが装着される。
アルミホイールは15インチの専用品。
アルミホイールは15インチの専用品。
空力性能を改善するために、前後バンパーが専用品となるほか、サイドスカートが装着される。
空力性能を改善するために、前後バンパーが専用品となるほか、サイドスカートが装着される。

■1リッター直3ガソリンターボエンジンを搭載

ポロ ブルーモーションは、標準型ポロより小さな1リッター直列3気筒ガソリンターボエンジンを搭載したり、ボディーの空力性能を向上させたりすることによって燃費性能を改善したモデル。JC08モード燃費は、標準型(ポロTSIコンフォートライン)の22.2km/リッターから約5%向上の23.4km/リッターとされた。

また、アダプティブクルーズコントロール(ACC)やバイキセノンヘッドライト、レザースポークマルチファンクションステアリングを標準装備とするなど、装備が充実しているのも同モデルの特徴。

車両価格は標準型ポロの上級グレード「TSIコンフォートライン アップグレードパッケージ」の4万円高となる266万9000円。

1リッターの直3ガソリンターボエンジンは、「up!」に搭載されている1リッター直3自然吸気(NA)エンジンをターボ化したもの。従来の1.5リッターNAユニットに匹敵する95psと16.3kgmを生み出す。

(webCG)

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォルクスワーゲン) 2017.9.15 画像・写真 フランクフルトショーにおけるフォルクスワーゲンの展示ブースより、コンパクトSUVの「T-Roc」や、新型「ポロGTI」、電気自動車のコンセプトモデルである「I.D.CROZZ II」「I.D.BUZZ」などの姿を写真で紹介する。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
ホームへ戻る