VWポロに燃費23.4km/リッターの限定車

2015.09.30 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション」
「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション」

「フォルクスワーゲン・ポロ」に燃費23.4km/リッターの限定車

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年9月29日、燃費性能を向上させた「ポロ ブルーモーション」を300台の限定で発売した。

1リッター直3ガソリンターボエンジン。「up!」の自然吸気ユニットをターボ化したもの。
1リッター直3ガソリンターボエンジン。「up!」の自然吸気ユニットをターボ化したもの。
青いアクセントが入る専用ファブリックシートが装着される。
青いアクセントが入る専用ファブリックシートが装着される。
アルミホイールは15インチの専用品。
アルミホイールは15インチの専用品。
空力性能を改善するために、前後バンパーが専用品となるほか、サイドスカートが装着される。
空力性能を改善するために、前後バンパーが専用品となるほか、サイドスカートが装着される。

■1リッター直3ガソリンターボエンジンを搭載

ポロ ブルーモーションは、標準型ポロより小さな1リッター直列3気筒ガソリンターボエンジンを搭載したり、ボディーの空力性能を向上させたりすることによって燃費性能を改善したモデル。JC08モード燃費は、標準型(ポロTSIコンフォートライン)の22.2km/リッターから約5%向上の23.4km/リッターとされた。

また、アダプティブクルーズコントロール(ACC)やバイキセノンヘッドライト、レザースポークマルチファンクションステアリングを標準装備とするなど、装備が充実しているのも同モデルの特徴。

車両価格は標準型ポロの上級グレード「TSIコンフォートライン アップグレードパッケージ」の4万円高となる266万9000円。

1リッターの直3ガソリンターボエンジンは、「up!」に搭載されている1リッター直3自然吸気(NA)エンジンをターボ化したもの。従来の1.5リッターNAユニットに匹敵する95psと16.3kgmを生み出す。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT(FF/7AT)【試乗記】 2014.12.9 試乗記 運動性能と燃費性能を高次元で両立したという「フォルクスワーゲン・ポロ」のスポーツグレード「ブルーGT」の実力に触れた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る