東京モーターショー2015

ホンダ、次世代パーソナルモビリティーを出展【東京モーターショー2015】

2015.09.30 自動車ニュース
ホンダが提案する1人乗りのモビリティー「ワンダー ウォーカー コンセプト」

【東京モーターショー2015】ホンダが1人乗りの次世代パーソナルモビリティー「WANDER WALKER CONCEPT」を出展

本田技研工業は、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)に、1人乗りの次世代パーソナルモビリティー「WANDER WALKER CONCEPT(ワンダー ウォーカー コンセプト)」を出展する。

 
 

■屋外も屋内も走れる

ワンダー ウォーカー コンセプトは、ホンダが「ワンダー=自由に動き回る」をテーマに開発するモビリティーの一つで、コンパクトさと取り回しのよさを追求したコンセプトモデル。

歩行者と同様に屋外と屋内を行き来できるよう、540mmの全幅と、1mの回転半径を実現。自動改札もスムーズに通過できるという。走行速度は6km/hとされる。

電動四輪カートの「モンパル」とコンセプトが似ているが、それとは異なり、高齢者のみならず、幅広いユーザーの利用を想定している。
ショッピングセンター内での利用を考慮し、5箱入りのティッシュペーパーが入る収納が用意されるほか、Wi-Fiを活用した通信システム「V2X」への対応や、利用者の走行状態をスマートフォンで確認できるシステムを搭載するなど、安心、安全にも配慮されている。

また、専用のナビやインターフェースを装備し、キーとしての役割を果たすタブレットも搭載する。

(文=工藤考浩)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。