東京モーターショー2015

新型シビック タイプRは750台限定販売【東京モーターショー2015】

2015.09.30 自動車ニュース

【東京モーターショー2015】新型「シビック タイプR」は750台限定販売

本田技研工業は、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)で、新型「シビック タイプR」を日本初公開する。(関連記事はこちら

■310psの2リッター直4ターボエンジンを搭載

シビック タイプRは、欧州で販売されている「シビック」をベースとし、「心昂(たか)ぶるブッチギリの走り」をコンセプトに開発された高性能モデル。

搭載されるエンジンは310psと40.8kgmを発生する新開発の2リッター直4ターボ。6段マニュアルトランスミッションが組み合わされ、前輪を駆動する。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分50秒63と発表されている。

シビック タイプRは750台の限定販売となり、2015年10月29日から11月23日までの間、ホンダのウェブサイト上で商談の申し込みを受け付ける。申し込みが限定台数を上回った場合は、抽選となる。

(文=工藤考浩)

「ホンダ・シビック タイプR」(欧州仕様)
「ホンダ・シビック タイプR」(欧州仕様)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その12) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。ホンダブースの主役は「シビック タイプR」の量産型(欧州仕様)。EVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」も展示された。
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る