アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)

並大抵のクルマではない 2015.10.02 試乗記 レース専用車「695アセットコルセ」のロードバージョンという位置づけで登場した「アバルト695ビポスト」。走ることに特化した“史上最速のアバルト”の魅力に触れた。

“操縦”する楽しみにあふれている

いや、まいった。コイツは楽しい。めちゃくちゃ楽しい。通常の「アバルト500」でも小さいけれどズバッ! と行けて、そりゃもうただでさえ痛快だっていうのに、その究極の姿といえる695ビポストなのだから、さらに遠慮なしだ。

手の加え方からして並大抵じゃない。アバルト500がベースなのは明白なのだけど、そこからリアシートを取っ払い、エアコンやオーディオも取っ払い、ボンネットはアルミ製に、ホイールボルトはチタン製に変更するなど、徹底的に軽量化を図った結果、車重はドライで997kg。エンジンは1.4リッターの排気量はそのままに、タービンや吸排気系、ECUを換えるなどのチューンナップを施し、パワーはノーマル比+55psの190psとなった。

加えて、リアシートがあった場所にはリアのボディー剛性を高めるためのチタン製のバーをマウント。フロントのトレッドを左右5mmずつ拡大し、前後のジオメトリーも変更し、エクストリーム製ダンパーと専用開発のバネやゴム類を採用し……と、シャシーのセッティングも全面的に見つめ直している。走りを磨き抜くことのみにフォーカスして数限りないモディファイを加え倒した、かなりハードコアなモデルなのだ。

しかもフルスペック仕様と呼ばれるモデルは、ノンシンクロの5段ドグミッションのみならず、メタルクラッチ、軽量フライホイール、機械式LSDを標準で備えた、かなり乗り手を選ぶ仕立てとなっている。正式なカタログモデルとして当たり前にこれを売るところが、実にアバルトらしい。

ビポストの走りはかなりダイナミックだ。その加速は1.4リッターらしからぬ怒濤(どとう)の勢いで、スピードもメキメキと伸びていく。減速から加速までのコーナリングにまつわる一連の流れも素早くて鮮やかだ。あらゆる場面で、その速さは標準型アバルト500の3割増し、楽しさは4割増し、といったら言い過ぎだろうか? でも、サスペンションのストロークを使い切ったその先のコントロール性なんぞを味わってしまうと、標準型アバルト500からひとつかふたつ上のフェーズに達した感すらあるのだ。

フルスペック仕様は、強烈に素早く、吸い込まれるように決まるドグミッションのシフトフィールが快感だし、最強のスモールボムのパフォーマンスを日常的に味わえる標準仕様の気楽さもいい。強烈に刺激的なテイストはどちらにもしっかりとあるから、どういうステージで乗ることが多いかで選べばいいと思う。フルスペック仕様は850万円、標準仕様は600万円と安くはないが、適価であることはこのクルマを知れば知るほど理解できるはず。峠道でも走らせてみれば、アバルトが今も昔も“ジャイアント・キラー”であることが嫌でも分かる強じんなパフォーマンスに、納得すらできちゃうはず。最高速ではやられちゃうけど、峠あたりでは意外やスーパーカーを追い回せちゃったりもするのだから。

でも、それより何より、ビポストはクルマを“操縦”する楽しみをむさぼり尽くしたい人にこそオススメしたい。いや、楽しい。めちゃくちゃ楽しい。こんなクルマ、そうそうあるもんじゃないのだ。

(文=嶋田智之/写真=荒川正幸)

【スペック】
全長×全幅×全高=3675×1640×1480mm/ホイールベース=2300mm/車重=1060kg/駆動方式=FF/エンジン=1.4リッター 直4 DOHC 16バルブ ターボ(190ps/5750rpm、25.5kgm/2500rpm ※SPORTスイッチ使用時は27.5kgm/2500rpm)/トランスミッション=5MT/燃費=14.0km/リッター(JC08モード)/価格=845万6400円
 

「サーキットでも公道でも究極の走りを実現するアバルト史上最速のモデル」とうたわれる「695ビポスト」。価格は標準仕様が599万4000円、フルスペック仕様が845万6400円。
「サーキットでも公道でも究極の走りを実現するアバルト史上最速のモデル」とうたわれる「695ビポスト」。価格は標準仕様が599万4000円、フルスペック仕様が845万6400円。
「695ビポスト」のインストゥルメントパネルまわり。フルスペック仕様にはAIM製の「データロガーMXL2」が搭載される。
「695ビポスト」のインストゥルメントパネルまわり。フルスペック仕様にはAIM製の「データロガーMXL2」が搭載される。
標準で装備されるヘッドレスト一体型のスポーツシート。軽量化のために後席は撤去されており、代わりにボディー剛性を高めるための補強バーが備わる。
標準で装備されるヘッドレスト一体型のスポーツシート。軽量化のために後席は撤去されており、代わりにボディー剛性を高めるための補強バーが備わる。
最高出力190psを発生する専用チューニングの1.4リッター直4ターボエンジン。補器類には大型のフロントレーシングインタークーラーやBMC製のカーボンエアクリーナーボックス、アクラポヴィッチ製のデュアルステージエキゾーストシステムなどが採用されている。
最高出力190psを発生する専用チューニングの1.4リッター直4ターボエンジン。補器類には大型のフロントレーシングインタークーラーやBMC製のカーボンエアクリーナーボックス、アクラポヴィッチ製のデュアルステージエキゾーストシステムなどが採用されている。
フルスペック仕様に搭載されるノンシンクロの5段ドグミッション。Hパターンを採用しているので、シーケンシャル式と異なり、1速→3速といった「飛ばし変速」が可能となっている。
フルスペック仕様に搭載されるノンシンクロの5段ドグミッション。Hパターンを採用しているので、シーケンシャル式と異なり、1速→3速といった「飛ばし変速」が可能となっている。
 
アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【レビュー】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

695ビポストの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • FCA合同試乗会(前編)【試乗記】 2016.4.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAがフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
ホームへ戻る