“究極のインプレッサ”「S206」限定発売

2011.11.24 自動車ニュース
「スバル・インプレッサS206」
“究極のインプレッサ”「S206」限定発売

“究極のインプレッサ”「S206」限定発売

富士重工業のモータースポーツ部門を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)は2011年11月24日、STIコンプリートカー「スバル・インプレッサS206」を300台限定で発売した。

こちらは100台限定の特別版。「スバル・インプレッサS206 NBR CHALLENGE PACKAGE」。
こちらは100台限定の特別版。「スバル・インプレッサS206 NBR CHALLENGE PACKAGE」。
インテリアの様子。レザーとアルカンターラからなる専用シート表皮のレカロシートが鎮座する。
インテリアの様子。レザーとアルカンターラからなる専用シート表皮のレカロシートが鎮座する。
スペシャルチューンが施されたエンジンは、320ps、44.0kgmを発生する。
スペシャルチューンが施されたエンジンは、320ps、44.0kgmを発生する。

■走りも価格もブッちぎり!?

「S206」は、ハイパフォーマンスモデル「スバル・インプレッサWRX STI」をベースに、運動性能や内外装の質感を向上させた特別仕様車。今年6月に開催された「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に出場しクラス優勝を遂げた「インプレッサWRX STI tS」と同じ“走りの思想”を織り込んだ、究極のロードゴーイングカーだという。

エクステリアは、アルミ製エンジンフード、専用の大型フロントアンダースポイラー、専用フェンダーアウトレットなどで武装。専用表皮のレカロシートや専用のトリムパネル(ピアノブラック塗装)、さらにS206ロゴ入りサイドシルプレートなど、インテリアも特別仕立てとなる。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4605×1795×1465mm。ベースモデルに比べ、幅はそのまま、25mm長く、背丈は(最低地上高も)5mm低くなる。前後トレッドは、ともに5mmワイド化。車重は20kg軽い1470kgに抑えられている。

「インプレッサ」のアイデンティティーたる2リッター水平対向4気筒エンジンは、ボールベアリングを用いた専用のターボ、同じく専用チューニングのECUが組み込まれ、クランクシャフトやピストンなど構成パーツの重量バランスも改善。専用スポーツマフラーとの組み合わせにより、ベースモデルを12psと1.0kgm上回る、320ps/6400rpm、44.0kgm/3200-4400rpmを発生する。

足まわりにも、STIならではの専用チューンが施される。具体的なメニューは、専用チューンのビルシュタイン製ダンパーとコイルスプリング、フレキシブルタワーバー、フレキシブルドロースティフナー、フレキシブルサポートリヤなど。BBS製の19インチ鍛造アルミホイールとミシュランタイヤも与えられ、前後のブレーキシステムにはブレンボ製のドリルドディスクローターがおごられる。
スバルいわく、「静粛性や快適性など日常ユースでの使い勝手を犠牲にすることなく、ワインディングなどでのスポーツドライビング時には、ドライバーの意のままにコントロールできる高い操縦安定性を実現する」とのこと。

排気系にも、S206専用の低背圧スポーツマフラーが与えられる。
排気系にも、S206専用の低背圧スポーツマフラーが与えられる。
ブレーキシステムは、ブレンボ製のモノブロックキャリパーとドリルドディスクの組み合わせ。
ブレーキシステムは、ブレンボ製のモノブロックキャリパーとドリルドディスクの組み合わせ。
「インプレッサS206 NBR CHALLENGE PACKAGE」。写真奥は、ニュルブルクリンク24時間に出場した「インプレッサWRX STI tS」。
「インプレッサS206 NBR CHALLENGE PACKAGE」。写真奥は、ニュルブルクリンク24時間に出場した「インプレッサWRX STI tS」。

価格はベースモデルより166万9500円アップ(!)の540万7500円。2012年5月7日に受注の分まで、300台限定で販売される。

なお、このうち100台は、前述のニュルブルクリンク24時間耐久レースクラス優勝を記念した、スペシャルモデル「S206 NBR CHALLENGE PACKAGE」として扱われる。
ノーマル「S206」との違いは、カーボンルーフや角度調節式ドライカーボン製リアウイング、専用サイドシルプレートなど。
価格は、さらに52万5000円高の593万2500円。そのスペシャルプライスにもかかわらず、発売と同時に売り切れとなっている。

(webCG 関)

関連キーワード:
WRX STIスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • 谷口信輝の新車試乗――スバルWRX STIタイプS(前編) 2017.12.14 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「スバルWRX STI」である。2017年5月のビッグマイナーチェンジを経てさらなる熟成が進んだスバルきってのスポーツモデルに、今あらためて谷口が挑む!
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る