“究極のインプレッサ”「S206」限定発売

2011.11.24 自動車ニュース
「スバル・インプレッサS206」
“究極のインプレッサ”「S206」限定発売

“究極のインプレッサ”「S206」限定発売

富士重工業のモータースポーツ部門を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)は2011年11月24日、STIコンプリートカー「スバル・インプレッサS206」を300台限定で発売した。

こちらは100台限定の特別版。「スバル・インプレッサS206 NBR CHALLENGE PACKAGE」。
こちらは100台限定の特別版。「スバル・インプレッサS206 NBR CHALLENGE PACKAGE」。
インテリアの様子。レザーとアルカンターラからなる専用シート表皮のレカロシートが鎮座する。
インテリアの様子。レザーとアルカンターラからなる専用シート表皮のレカロシートが鎮座する。
スペシャルチューンが施されたエンジンは、320ps、44.0kgmを発生する。
スペシャルチューンが施されたエンジンは、320ps、44.0kgmを発生する。

■走りも価格もブッちぎり!?

「S206」は、ハイパフォーマンスモデル「スバル・インプレッサWRX STI」をベースに、運動性能や内外装の質感を向上させた特別仕様車。今年6月に開催された「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に出場しクラス優勝を遂げた「インプレッサWRX STI tS」と同じ“走りの思想”を織り込んだ、究極のロードゴーイングカーだという。

エクステリアは、アルミ製エンジンフード、専用の大型フロントアンダースポイラー、専用フェンダーアウトレットなどで武装。専用表皮のレカロシートや専用のトリムパネル(ピアノブラック塗装)、さらにS206ロゴ入りサイドシルプレートなど、インテリアも特別仕立てとなる。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4605×1795×1465mm。ベースモデルに比べ、幅はそのまま、25mm長く、背丈は(最低地上高も)5mm低くなる。前後トレッドは、ともに5mmワイド化。車重は20kg軽い1470kgに抑えられている。

「インプレッサ」のアイデンティティーたる2リッター水平対向4気筒エンジンは、ボールベアリングを用いた専用のターボ、同じく専用チューニングのECUが組み込まれ、クランクシャフトやピストンなど構成パーツの重量バランスも改善。専用スポーツマフラーとの組み合わせにより、ベースモデルを12psと1.0kgm上回る、320ps/6400rpm、44.0kgm/3200-4400rpmを発生する。

足まわりにも、STIならではの専用チューンが施される。具体的なメニューは、専用チューンのビルシュタイン製ダンパーとコイルスプリング、フレキシブルタワーバー、フレキシブルドロースティフナー、フレキシブルサポートリヤなど。BBS製の19インチ鍛造アルミホイールとミシュランタイヤも与えられ、前後のブレーキシステムにはブレンボ製のドリルドディスクローターがおごられる。
スバルいわく、「静粛性や快適性など日常ユースでの使い勝手を犠牲にすることなく、ワインディングなどでのスポーツドライビング時には、ドライバーの意のままにコントロールできる高い操縦安定性を実現する」とのこと。

排気系にも、S206専用の低背圧スポーツマフラーが与えられる。
排気系にも、S206専用の低背圧スポーツマフラーが与えられる。
ブレーキシステムは、ブレンボ製のモノブロックキャリパーとドリルドディスクの組み合わせ。
ブレーキシステムは、ブレンボ製のモノブロックキャリパーとドリルドディスクの組み合わせ。
「インプレッサS206 NBR CHALLENGE PACKAGE」。写真奥は、ニュルブルクリンク24時間に出場した「インプレッサWRX STI tS」。
「インプレッサS206 NBR CHALLENGE PACKAGE」。写真奥は、ニュルブルクリンク24時間に出場した「インプレッサWRX STI tS」。

価格はベースモデルより166万9500円アップ(!)の540万7500円。2012年5月7日に受注の分まで、300台限定で販売される。

なお、このうち100台は、前述のニュルブルクリンク24時間耐久レースクラス優勝を記念した、スペシャルモデル「S206 NBR CHALLENGE PACKAGE」として扱われる。
ノーマル「S206」との違いは、カーボンルーフや角度調節式ドライカーボン製リアウイング、専用サイドシルプレートなど。
価格は、さらに52万5000円高の593万2500円。そのスペシャルプライスにもかかわらず、発売と同時に売り切れとなっている。

(webCG 関)

関連記事
  • スバルWRX STI S207 2015.10.28 画像・写真 スバルテクニカインターナショナルが、「究極のロードゴーイングSTI」を合言葉に「スバルWRX STI」のコンプリートカー「S207」を開発した。エンジンからボディー、サスペンションにいたるまで、くまなくチューニングが施された高性能モデルの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • 第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
    “最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る
    2017.5.11 エディターから一言 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)で、量産車の最速ラップタイムを保持している「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか? ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。
ホームへ戻る