マツダ・ロードスターに運動性能を高めたRS登場

2015.10.01 自動車ニュース
「マツダ・ロードスターRS」
「マツダ・ロードスターRS」 拡大

「マツダ・ロードスター」に運動性能を高めた「RS」が登場

マツダは2015年10月1日、コンパクトオープンスポーツカー「ロードスター」に新グレード「RS」を追加し、販売を開始した。

レカロ製シート
レカロ製シート 拡大
ビルシュタイン製ダンパー
ビルシュタイン製ダンパー 拡大
フロントサスタワーバー
フロントサスタワーバー 拡大
大径ブレーキ
大径ブレーキ 拡大

インダクションサウンドエンハンサー


	インダクションサウンドエンハンサー
	拡大

■足まわりやブレーキなどを強化

今回追加されたRSは、運動性能に関する機能や装備を強化したロードスターの上級グレードである。足まわりについては、ビルシュタイン製ダンパーやフロントサスタワーバー、大径ブレーキを標準装備とすることで、車両に高いGがかかった状態や高速走行時においても、正確な回頭性と手応えに優れたステアリングフィールを実現したという。また、レカロ社と共同開発した専用シートや、エンジンの吸気音を強調するインダクションサウンドエンハンサーなども採用している。

これらを含む、RSの主要装備は以下の通り。
・ビルシュタイン製ダンパー
・大径ブレーキ
・フロントサスタワーバー
・レカロ製シート(アルカンターラ/ナッパレザー)
・インダクションサウンドエンハンサー
・シートヒーター
・アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)
・ハイ・ビーム・コントロール(HBC)
・車線逸脱警報システム(LDWS)
・ブラインド・スポット・モニタリング(BSM リア・クロストラフィック・アラート機能付き)
・BOSEサウンドシステム(AUDIOPILOT2)+9スピーカー
・CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)

エンジンの仕様はほかのグレードと共通。トランスミッションは6段MTのみの設定となっている。価格は319万6800円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ロードスターマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」を一部改良 2018.6.7 自動車ニュース マツダは2018年6月7日、「ロードスター」および「ロードスターRF」を一部改良するとともに、ロードスターに特別仕様車「キャラメルトップ」を設定し、同年7月26日に発売すると発表した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る