マツダ・ロードスターに運動性能を高めたRS登場

2015.10.01 自動車ニュース
「マツダ・ロードスターRS」
「マツダ・ロードスターRS」

「マツダ・ロードスター」に運動性能を高めた「RS」が登場

マツダは2015年10月1日、コンパクトオープンスポーツカー「ロードスター」に新グレード「RS」を追加し、販売を開始した。

レカロ製シート
レカロ製シート
ビルシュタイン製ダンパー
ビルシュタイン製ダンパー
フロントサスタワーバー
フロントサスタワーバー
大径ブレーキ
大径ブレーキ

インダクションサウンドエンハンサー


	インダクションサウンドエンハンサー

■足まわりやブレーキなどを強化

今回追加されたRSは、運動性能に関する機能や装備を強化したロードスターの上級グレードである。足まわりについては、ビルシュタイン製ダンパーやフロントサスタワーバー、大径ブレーキを標準装備とすることで、車両に高いGがかかった状態や高速走行時においても、正確な回頭性と手応えに優れたステアリングフィールを実現したという。また、レカロ社と共同開発した専用シートや、エンジンの吸気音を強調するインダクションサウンドエンハンサーなども採用している。

これらを含む、RSの主要装備は以下の通り。
・ビルシュタイン製ダンパー
・大径ブレーキ
・フロントサスタワーバー
・レカロ製シート(アルカンターラ/ナッパレザー)
・インダクションサウンドエンハンサー
・シートヒーター
・アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)
・ハイ・ビーム・コントロール(HBC)
・車線逸脱警報システム(LDWS)
・ブラインド・スポット・モニタリング(BSM リア・クロストラフィック・アラート機能付き)
・BOSEサウンドシステム(AUDIOPILOT2)+9スピーカー
・CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)

エンジンの仕様はほかのグレードと共通。トランスミッションは6段MTのみの設定となっている。価格は319万6800円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る