シボレー・コルベットZ06 Z07パッケージ装着車(FR/7MT)

サーキットが呼んでいる 2015.10.07 試乗記 アメリカを代表する高性能スポーツカー「シボレー・コルベット」に、さらなるハイパフォーマンモデルの「Z06」が登場。最高出力659ps、最大トルク89.8kgmを発生する“史上最強のコルベット”の実力を試す。

にじみ出る異形のオーラ

それはもう、凄(すさ)まじいばかりの注目度の高さに驚いた。
渋滞の中、対向車線に並ぶドライバーの目線は一様にこちらを向いている(ように見えた……)し、高速道路では一度こちらを抜きかけたのに、わざわざもう一度後方へと回り込み、斜め後方に陣取ってしばし並走を続け、後にやおら抜き去られる場面に出くわすことも少なくなかった。

そもそもそんな高速道路上では、特にこちらが急いでいるわけではなく、ましてや車間を詰めているわけでもないのに、前を行くクルマがまるで弾かれたように左車線へと避け、仕方なく(?)先を急がされるはめに陥るというシーンも度々。とはいえ、自身が乗って来たクルマを降り、あらためてその姿“矯めつ眇(すが)めつ”と眺めてみれば、恐らくは自分もこれらと同じような行動をとったに違いないだろうナ、とは納得ができる。

それほどまでに数あるスポーツカーの中にあっても“異形”であり、それゆえに凄まじいオーラと注目度を発散していたのが、ここでの題材であるシボレー・コルベットの、Z06なるモデルのアピアランスであるのだ。

ファンの間では「ズィー・オー・シックス」と呼ばれている「コルベットZ06」。ラインナップの中でも特にレースイメージの強いモデルで、現行モデルは2014年のデトロイトショーにおいて、競技専用車「C7.R」とともにお披露目された。
ファンの間では「ズィー・オー・シックス」と呼ばれている「コルベットZ06」。ラインナップの中でも特にレースイメージの強いモデルで、現行モデルは2014年のデトロイトショーにおいて、競技専用車「C7.R」とともにお披露目された。
「Z06」のインテリアには、標準車とは異なる専用のカラースキームが用意されるほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールが装備される。
「Z06」のインテリアには、標準車とは異なる専用のカラースキームが用意されるほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールが装備される。
センタークラスターの下部に備えられた「Z06」のプレート。最高出力と最大トルクを表す「650HORSEPOWER/650LBS FT TORQUE」の文字が書かれている。
センタークラスターの下部に備えられた「Z06」のプレート。最高出力と最大トルクを表す「650HORSEPOWER/650LBS FT TORQUE」の文字が書かれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る