ジャガーXEに錦織選手の名を冠する特別仕様車

2015.10.02 自動車ニュース
テニスプレイヤーの錦織 圭選手と「ジャガーXE KEI NISHIKORI EDITION」。
テニスプレイヤーの錦織 圭選手と「ジャガーXE KEI NISHIKORI EDITION」。 拡大

「ジャガーXE」に、錦織選手の名を冠する特別仕様車が登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年10月1日、スポーツセダン「ジャガーXE」に特別仕様車「XE KEI NISHIKORI EDITION(錦織 圭エディション)」を設定し、同社オフィシャルサイト内の特設ページを通じて、60台限定で注文の受け付けを開始した。

■エンジンフードのシルバーパネルには錦織選手のサインも

今回発売されたXE KEI NISHIKORI EDITIONは、ジャガーのブランドアンバサダーを務めるテニスプレイヤーの錦織 圭選手の名を冠した特別仕様車であり、2014年11月に登場した「Fタイプ KEI NISHIKORI EDITION」に続く第2弾となる。

現状では日本に導入されていない「XE 2.0 R-Sport」(ガソリンエンジン搭載車)をベースに、各所に錦織選手が厳選したというカラーや装備を採用。外装色は「ブルーファイヤー」で、ラックステック/テクニカルメッシュのスポーツシートや、ブラックフィニッシュの18インチ・アロイホイールを装備している。

また、左右のフェンダーのパワーベントの下に「KEI NISHIKORI」バッジを、ミッドフェイシアアンダーに「KEI NISHIKORI EDITION」と「1/60」の文字が書かれたシルバープレートを採用。さらに、エンジンフードを飾るシルバープレートには錦織選手のサインが記されている。

これらを含めた特別な装備、仕様は以下の通り。
・ブルーファイヤー(メタリック)のエクステリアカラー
・18インチ「Matrix」アロイホイールブラックフィニッシュ
・ブラックスタイリングパック(グロスブラック仕上げのラジエーターグリル、グリルサラウンド、サイドウィンドウサラウンド、サイドパワーベント)
・ラックステック/テクニカルメッシュ・スポーツシート
・フロントシートヒーター
・エッジドアルミニウム(リバフープ・ドア)+グロスブラック・センターコンソール
・スポーツサスペンション
・左右フロントフェンダーのパワーベント下に配した「KEI NISHIKORI EDITION」バッジ
・ミッドフェイシアアンダーに装着した「KEI NISHIKORI EDITION」と60台分の1を表す「1/60」の文字が書かれたシルバープレート
・エンジンフードにレイアウトした「KEI NISHIKORI EDITION」「1/60」、錦織選手のサインが描かれたシルバープレート

なお、購入者は2015年12月1日に実施される錦織選手が参加する予定の特別イベントに招待されるほか、納車時には「XE KEI NISHIKORI EDITION」専用のキーホルダーとサイン入りホルダー(盾)が贈呈される。

価格は650万円。

(webCG)


 

関連キーワード:
XEジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る