ジャガーXE S(FR/8AT)

スポーツサルーンのひとつの理想形 2015.10.05 試乗記 ジャガーのミドルクラスサルーン「XE」のフラッグシップモデル「XE S」に試乗。340psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツサルーンとじっくり向き合い、その実力を探る。

【総評】これぞジャガーの“忍び足”……★★★★★<5>

ジャガーXE Sはミドルクラス・スポーツサルーンに期待する動力性能やハンドリングを備え、操る楽しさにあふれている。340psのパワーや20インチホイールに象徴されるように、ドライバーの手足の動きに即応するレスポンスが素晴らしく、ドライバーが抱くほぼすべての要求に応えてくれる。また、4.7mの全長や1730kgの重量を感じさせない軽快な動きには、無駄というものを封じた一体感がある。剛体としての重量分布に優れ、車体の外側が軽く中心部が重く、車輪の接地荷重をしっかり確保した上で慣性重量を小さくまとめている。だから、20インチの大径タイヤを生かし、その広い接地面を路面にしっかり押しつけ、かつ余計なイナーシャ分の遅れてくる動きを効果的に封じている。

従来ならば、その大きなタイヤ/ホイールがもたらすバネ下重量をもてあまし、ドタバタとした悪い乗り心地につなげてしまうところだろう。しかし、このXE Sはサスペンションのコンプライアンスで逃げることなく、サスペンション本来の動きである上下動で吸収する仕事を全うさせた上で、その後の動きもしっかり抑え込んでいる。したがって、見た目からは想像できないかもしれないが、通常の乗り心地も上質である。

以上をまとめれば、これぞジャガーらしい“精悍(せいかん)な忍び足”といえる。昔のジャガーのネコ足はいわば小型動物のソレであったが、XE Sはその上をいく大容量をもって、よりどう猛な大型ネコ科動物が持つ、しなやかにして敏捷(びんしょう)な動きを備えたといえる。

<編集部注>各項目の採点は5点(★★★★★)が満点です。

「ジャガーXE」シリーズのフラッグシップモデル「XE S」。3リッターV6スーパーチャージドユニットを搭載する。車両価格は769万円。
フロントホイールアーチの後方に位置するサイドパワーベント。テスト車にはカーボンの“フィニッシャー(オプション)が”おごられていた。
ボディーサイズは全長4680×全幅1850×全高1415mm。テスト車のボディーカラーは「イタリアン・レーシング・レッド」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XEの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガー、「XE」「XF」のディーゼルモデルに充実装備の特別仕様車 2016.11.4 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年11月1日、ジャガーの4ドアセダン「XE」と「XF」の特別仕様車「ジェットディーゼルエディション」を設定し、受注を開始した。XEジェットディーゼルエディションは限定100台、XFジェットディーゼルエディションは限定30台の販売となる。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
ホームへ戻る