アウディTTSクーペ(4WD/6AT)

未来を感じるクーペ 2015.10.06 試乗記 新世代「アウディTT」の中で、最もパワフルな「TTSクーペ」に試乗。直噴ターボエンジンや新開発の軽量ボディー、そしてアウディ自慢の先進装備がもたらす走りの質を報告する。

新鮮味あふれるインテリア

新型「TTクーペ」のコックピットで、まず目につくのはエアコンの送風口だ。ダッシュボードに計5つ並ぶルーバーは、ジェットエンジンのファンみたいな形をしている。中央3つのルーバー中心部には、風量、温度、送風モードのスイッチが備わる。風の出るところでエアコンの設定ができる。親切なデザインである。

しかし、この新しいダッシュパネルデザインのおかげで、何かがない。そう、モニターがない! ナビやAVのモニターをドライバー正面の計器パネル内に入れてしまったのが「アウディバーチャルコックピット」と呼ばれるTTシリーズ初出の新機軸である。
これによる最大のメリットは、ナビマップが目の前に映ること。地図を最大画面にすると、バーチャルの速度計とタコメーターは自動的に小さくなる。液晶スクリーンは極めて高精細で、目的地への案内もうるさすぎず、わかりやすい。分岐点に差しかかったときの指示は、間違えようったって間違えられないくらい親切だ。

カーナビを発明し、リードしてきたのは日本である。ドイツ車は後発だったが、しかし、遅れて始めた当初から、純粋にカーナビを目的地へ案内する装置として捉え、分岐点での矢印をメーター内に出すなど、情報をドライバー真正面で見せることにこだわってきた。
日本仕様のTTシリーズ全モデルに標準装備されるこのナビは、その集大成といえる。スマホや安いポータブルナビですませる人が増えている一方、高級車の純正ナビは、クルマのハードと深いところで結びついてどんどん高付加価値になっていくわけである。

新型「アウディTTSクーペ」のインテリア。ダッシュボードやセンターコンソールには、モニター類が備わらない。カーナビやインフォテインメントシステムの情報は、ドライバー正面のメーターパネル内に表示される。
センターに並んだ3つのエアコン吹き出し口はそれぞれ、中央部分が(写真左から順に)風量調節、温度調節、送風モードのスイッチになっている。
「アウディバーチャルコックピット」と名付けられた、液晶表示の計器盤。カーナビやインフォテインメントシステムのほか、各種の車両情報が表示できる。(写真をクリックすると、画面の表示バリエーションが見られます)
2015年8月に発売された、第3世代の「アウディTT」シリーズ。今回は、最もパワフルな「TTSクーペ」に試乗した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTSクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTTSクーペ/TTクーペ/TTロードスター【試乗記】 2015.8.20 試乗記 3代目となる「アウディTT」シリーズが国内でデビュー。初代をほうふつさせるデザインと先進的なインテリアが目を引く、新型コンパクトスポーツの仕上がりは? 正式発表を前に、北海道・十勝スピードウェイで試乗した。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アウディTTSクーペ(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.6 試乗記 新世代「アウディTT」の中で、最もパワフルな「TTSクーペ」に試乗。直噴ターボエンジンや新開発の軽量ボディー、そしてアウディ自慢の先進装備がもたらす走りの質を報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る