東京モーターショー2015

スバル、XVにレーダー式の予防安全装備を採用

2015.10.06 自動車ニュース
「スバルXVハイブリッド2.0i-L EyeSight」

スバルが「XV」にレーダー式の予防安全装備を採用

富士重工業は2015年10月6日、大幅改良を実施した「スバルXV/XVハイブリッド」を、スバルのオフィシャルサイトで公開した。第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)のプレスデイにおいて正式発表する。

ガソリン車用の17インチアルミホイール。
XV 2.0i-L EyeSight」のインテリア。
「アドバンスドセイフティパッケージ」の解説。
「スバルリヤビークルディテクション」のLEDインジケーターの点灯イメージ。
「XV 2.0i-L EyeSight」。ボディーカラーは新色の「ハイパーブルー」。
新色の「ダークブルー・パール」。

■フロントマスクを中心に外観デザインを変更

今回の改良は、内外装デザインの変更と安全装備の強化が中心となっている。エクステリアではヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパーの意匠を変更。フロントまわり全体でワイド感と安定感を表現したという。またガソリン車では、17インチアルミホイールのデザインをより躍動感のあるものに変更したほか、上級グレードの「2.0i-L EyeSight」にサンルーフをオプション設定。ボディーカラーに「ハイパーブルー」「ダークブルー・パール」の新色2色を採用した。

一方インテリアでは、各部にピアノブラック調パネルと金属調の装飾パーツを採用。コントラストを強調することで、上質感のある車内空間を実現したという。シートのデザインも変更しており、サイド部分にアクセントとなる生地を追加したほか、ガソリン車ではオレンジ、ハイブリッド車ではシルバーのステッチを施した。

■レーダーによる後側方の警戒機能を追加

安全装備については、SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンエアバッグを全車標準装備としたほか、予防安全システムの「アドバンスドセイフティパッケージ」を新たにオプション設定した。

アドバンスドセイフティパッケージはレーダーシステムによる車両後側方の警戒機能やオートハイビームなどの機能をセットにしたものである。具体的な機能は以下の通り。

<スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)>
・死角検知機能
ドアミラーでは見えにくい、自車の斜め後方の車両をレーダーで検知。ドアミラーに付いているLEDインジケーターを点灯、点滅させることでドライバーに注意を促す。

・車線変更支援
隣車線を後方から急接近してくる車両をレーダーで検知。ドアミラーのLEDインジケーターを点灯、点滅させることでドライバーに注意を促す。

・後退時支援
駐車場から出庫する際など、後退中に左右から接近してくる車両をレーダーで検知。衝突の危険性がある場合、ドアミラーのLEDインジケーターを点滅させるとともに警告音を発し、ドライバーに注意を促す。

<ハイビームアシスト(自動防眩[ぼうげん]インナーミラー付き)>
ルームミラーの裏側に備えられたモノラルカメラで先行車や対向車を検知。ヘッドランプのハイビームとロービームを自動で切り替える。

ラインナップと価格は以下の通り。

XV
・2.0i:228万9600円
・2.0i EyeSight:239万7600円
・2.0i-L EyeSight:259万2000円

XVハイブリッド
・2.0i:257万400円
・2.0i EyeSight:267万8400円
・2.0i-L EyeSight:286万2000円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る