【スペック】全長×全幅×全高=4215×1695×1715mm/ホイールベース=2740mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4SOHC8バルブ(88ps/5400rpm、13.5kgm/4200rpm)、モーター(14ps/1500rpm、8.0kgm/1000rpm)/価格=232万6500円(テスト車=263万7300円/車体色プレミアムプラキッシュパール=3万1500円/Honda HDDインターナビ+リンクアップフリー+ETC=27万9300円)

ホンダ・フリードハイブリット ジャストセレクション 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】

邪魔にならないミニバン 2011.11.24 試乗記 ホンダ・フリードハイブリット ジャストセレクション 7人乗り(FF/CVT)
……263万7300円

ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、ハイブリッドモデルが追加された。24.0km/リッター(10・15モード)の燃費性能を誇る、多人数向けHVの乗り味は?

ちょうどいいホンダ

ホンダ・ミニバン初のハイブリッドが「フリード」から登場した。「フィット」ベースのコンパクトミニバン、フリードはホンダ自身も驚いているヒット作である。2008年5月の発売から3年間で27万台が売れた。ホンダ車全体のなかでも、フィットに次ぐセカンドベストセラーである。マイナーチェンジを機に、“ちょうどいい”ミニバンにもハイブリッドを載せて商品力アップというわけだ。

パワーユニットは1.5リッターのIMA。4気筒SOHCのエンジン本体は「CR-Z」や「インサイト エクスクルーシブ」に乗る4バルブではなく、2バルブユニット。1.3リッターの「インサイト」や「フィットハイブリッド」のエンジンを今回、1.5リッターに拡大したものだ。といっても、エンジンの出力は1.3リッターと変わらない。最大トルクが12.3kgmから13.5kgmに向上したのが目立つ違いである。

エンジンをアシストするIMAシステムもこれまで通りだ。現行のホンダハイブリッドは1.3リッターでも1.5リッターでも、モーターは同一スペックである。駆動用バッテリーも、形状を含めて同じものが使われている。高い汎用(はんよう)性を持つのがホンダIMAの特徴といえる。

じゃあ、そのうち「ステップワゴン」にもこのユニットが? とエンジニアに聞くと、それはないそうだ。ミニバンとなると、1.5リッターでも今のIMAではフリードが限界だそうだ。

試乗したのは7人乗りの「ジャストセレクション」。「フリードスパイクハイブリッド」にもちょっと乗った。

1.5リッターエンジンとモーターが組み合わされたハイブリッドシステム「IMA」。燃費は10・15モード燃費で24.0km/リッター、JC08モードでは21.6km/リッター。
1.5リッターエンジンとモーターが組み合わされたハイブリッドシステム「IMA」。燃費は10・15モード燃費で24.0km/リッター、JC08モードでは21.6km/リッター。
運転席は、ハイトアジャスター付き。シートベルトの取り付け位置を変更できる「アジャスタブル シートベルトショルダー アンカー」も装備される。
運転席は、ハイトアジャスター付き。シートベルトの取り付け位置を変更できる「アジャスタブル シートベルトショルダー アンカー」も装備される。
「フリード」は従来、5人乗り、7人乗り、8人乗りが設定されていたが、新たに6人乗り、7人乗りの2タイプとなった。
「フリード」は従来、5人乗り、7人乗り、8人乗りが設定されていたが、新たに6人乗り、7人乗りの2タイプとなった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フリードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る