スバルがインプレッサの1.6L車にアイサイト搭載

2015.10.06 自動車ニュース
「スバル・インプレッサスポーツ1.6i-S EyeSight」
「スバル・インプレッサスポーツ1.6i-S EyeSight」

スバルが「インプレッサ」の1.6リッターモデルにアイサイトを搭載

富士重工業は2015年10月6日、「スバル・インプレッサスポーツ/G4」に改良を施し、同年10月14日に発売すると発表した。

「インプレッサG4 1.6i-S EyeSight」
「インプレッサG4 1.6i-S EyeSight」

今回の改良では、スポーツ、G4ともに、1.6リッターモデルに「アイサイトver.3」を搭載した新グレード「1.6i-L EyeSight」「1.6i-S EyeSight」を追加するとともに、特別仕様車「1.6i-L Proud Edition」をベースにアイサイトを装備した「1.6i-L EyeSight Proud Edition」を設定した。

これらのグレードおよび特別仕様車については、リアスタビライザーを装備するほか、2リッターモデルと同様に、205/55R16サイズのタイヤと16インチホイール、フロント15インチ2ポッドベンチレーテッドディスクブレーキを採用している。

価格は以下の通り。
・1.6i-L EyeSight:208万4400円
・1.6i-S EyeSight:213万8400円
・1.6i-L EyeSight Proud Edition:212万7600円
※スポーツとG4とで価格は共通。

これらのグレードを含むインプレッサ スポーツ/G4の価格は、159万8400円~263万5200円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサG4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る