タフなイメージのカローラ フィールダー発売

2015.10.02 自動車ニュース
「トヨタ・カローラ フィールダー“CROSS FIELDER”」
「トヨタ・カローラ フィールダー“CROSS FIELDER”」

タフなイメージの「トヨタ・カローラ フィールダー」“CROSS FIELDER”登場

トヨタモデリスタインターナショナルは2015年10月1日、「トヨタ・カローラ フィールダー」のコンプリートカー「“CROSS FIELDER(クロスフィールダー)”」を発売した。 

スキッドプレートをモチーフにデザインされたフロントスカート。
スキッドプレートをモチーフにデザインされたフロントスカート。
「MODELLISTA X-CLAW」と名付けられた、オリジナルホイール。
「MODELLISTA X-CLAW」と名付けられた、オリジナルホイール。
 
タフなイメージのカローラ フィールダー発売の画像

今回発売された“CROSS FIELDER”は、トヨタのコンパクトワゴン、カローラ フィールダーをベースに、クロスオーバースタイルのドレスアップが施されたコンプリートカー。

具体的には、スキッドプレートをモチーフにした前後スカートや、プロテクターのようなフェンダーガーニッシュ、オリジナルデザインのホイール「MODELLISTA X-CLAW(エクスクロウ)」などを装着することで、タフなイメージが演出されている。

一方、室内はブラックで統一。ルーフやピラーの内張りはブラックトリム化され、ピアノブラックのパネル類、本革巻きステアリングホイールが与えられる。

パワーユニットは、1.5リッター直4エンジン+モーターのハイブリッドと、1.8リッター直4エンジン、1.5リッター直4エンジンの計3種類。

以下の4モデルがラインナップされる。
・ハイブリッドG(FF/CVT):253万145円
・1.8S(FF/CVT):244万5709円
・1.5G(FF/CVT):217万1782円
・1.5G(4WD/CVT):231万3163円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ フィールダー1.5G“W×B”(FF/CVT)【試乗記】 2015.6.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「カローラ」シリーズの中からワゴンモデルの「フィールダー」に試乗。23.0km/リッター(JC08モード)の燃費をうたう新型1.5リッターエンジン搭載車の“実用車力”を探った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施 2017.6.15 自動車ニュース スズキは、クロスオーバー「SX4 Sクロス」を一部仕様変更し、2017年7月6日に発売する。今回の変更の主な内容は、新しいフロントデザインの採用と内装の質感向上、6段ATの採用など。
ホームへ戻る