東京モーターショー2015

航続距離が伸びた最新型の日産リーフ登場【東京モーターショー2015】

2015.10.05 自動車ニュース

【東京モーターショー2015】航続距離が伸びた最新型の「日産リーフ」登場

日産自動車は2015年10月5日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)に、マイナーチェンジを施した電気自動車(EV)「リーフ」ほか、販売予定車種を出展すると発表した。

量産型EVの代名詞的モデル、日産リーフがマイナーチェンジ。東京モーターショーで披露される。
今回の仕様変更では、一充電あたりの航続距離が280km(車内測定値)のグレードがラインナップに加えられるとともに、衝突回避を支援する「エマージェンシーブレーキ」や「LDW(車線逸脱警報)」が全車標準装備となる。
正式発表は2015年11月、発売は同年12月が予定されている。

そのほか、東京モーターショー2015の日産ブースには、SUV「エクストレイル」のドレスアップバージョンとなる「エクストレイル ハイブリッド モードプレミア」や、「スカイライン」「フーガ」「セレナ」に装備を追加したモデルなど、計20車種が出展される見込み。

(webCG)

「日産リーフ」
「日産リーフ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

リーフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産リーフ G(FF)【試乗記】 2013.1.9 試乗記 日産リーフ G(FF)
    ……417万5850円

    発売から2年、電気自動車の代名詞となった「日産リーフ」がマイナーチェンジを受けた。新型の見どころは、航続距離の延長や利便性を向上させたところ。その仕上がり具合をチェックする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産の新型電気自動車「リーフ」 2009.8.2 画像・写真 2009年8月2日に公開された、日産の新型電気自動車「リーフ」を写真で紹介する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る