東京モーターショー2015

航続距離が伸びた最新型の日産リーフ登場【東京モーターショー2015】

2015.10.05 自動車ニュース

【東京モーターショー2015】航続距離が伸びた最新型の「日産リーフ」登場

日産自動車は2015年10月5日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)に、マイナーチェンジを施した電気自動車(EV)「リーフ」ほか、販売予定車種を出展すると発表した。

量産型EVの代名詞的モデル、日産リーフがマイナーチェンジ。東京モーターショーで披露される。
今回の仕様変更では、一充電あたりの航続距離が280km(車内測定値)のグレードがラインナップに加えられるとともに、衝突回避を支援する「エマージェンシーブレーキ」や「LDW(車線逸脱警報)」が全車標準装備となる。
正式発表は2015年11月、発売は同年12月が予定されている。

そのほか、東京モーターショー2015の日産ブースには、SUV「エクストレイル」のドレスアップバージョンとなる「エクストレイル ハイブリッド モードプレミア」や、「スカイライン」「フーガ」「セレナ」に装備を追加したモデルなど、計20車種が出展される見込み。

(webCG)

「日産リーフ」
「日産リーフ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

リーフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る