東京モーターショー2015

トヨタのクロスオーバー車、C-HRコンセプト上陸【東京モーターショー2015】

2015.10.08 自動車ニュース
「トヨタC-HRコンセプト」(5ドア仕様)
「トヨタC-HRコンセプト」(5ドア仕様)

【東京モーターショー2015】トヨタのクロスオーバー車「C-HRコンセプト」が日本上陸

トヨタ自動車は2015年10月8日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)に、コンセプトモデル「C-HRコンセプト」の5ドア仕様を出展すると発表した。

 
トヨタのクロスオーバー車、C-HRコンセプト上陸【東京モーターショー2015】の画像
 
トヨタのクロスオーバー車、C-HRコンセプト上陸【東京モーターショー2015】の画像
 
トヨタのクロスオーバー車、C-HRコンセプト上陸【東京モーターショー2015】の画像

9月のフランクフルトショーで初公開された、5ドア仕様の「トヨタC-HRコンセプト」。トヨタデザインの新たな方向性を示すスタイリッシュなボディーを持ち、優れた環境性能と軽快な走行性能を誇る新世代クロスオーバーのコンセプトモデルである。

ダイヤモンドをモチーフに、コンパクトでスピード感のあるキャビンと多面体のような精彩で彫りの深いボディー下部で構成されたエクステリア。「キーンルック」や「アンダープライオリティ」と呼ばれるトヨタ独自のデザイン表現をさらに進化させ、個性を際立たせたという。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4350×1850×1500mmで、ホイールベースは2640mmだ。

パワーユニットは熱効率を40%以上に高めたエンジン、より小型軽量化されたモーターやバッテリーなどで構成され、さらなる低燃費を実現したハイブリッドシステム。「Toyota New Global Architecture(TNGA)」による高いボディー剛性と相まって、「ドライバーの意のままに反応する心地よい走り」を追求した。2016年初めには、市販を想定したモデルの公開を予定している。

(文=沼田 亨)

→「トヨタC-HRコンセプト」(5ドア仕様)のフォトギャラリーはこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”【試乗記】 2015.3.20 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、デザイン、機能性、快適性、そして走りと、あらゆる領域で一段と腕を上げた「マツダCX-5」。ステアリングを握る者を走りへと誘う“ドライバーズSUV”としての資質も同時に高まったのだろうか。このカテゴリーのベストセラーカー「トヨタ・ハリアー」と比較してみた。
ホームへ戻る