東京モーターショー2015

ライトウェイトスポーツカー、トヨタS-FR登場【東京モーターショー2015】

2015.10.08 自動車ニュース
「トヨタS-FR」

【東京モーターショー2015】ライトウェイトスポーツカー「トヨタS-FR」登場

トヨタ自動車は2015年10月8日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)に、コンパクトスポーツカーのコンセプトモデル「トヨタS-FR」を出展すると発表した。

 
 
 
 

S-FRは、「トヨタスポーツ800」、初代「カローラレビン/スプリンタートレノ(TE27)」、「MR-S」といったトヨタのライトウェイトスポーツの系譜を継承し、ドライバーの意のままにクルマが反応する楽しさをエントリーモデルで実現するコンセプトモデル。今回の東京モーターショーが世界初公開となる。

ロングノーズ&ファストバック、ワイドスタンスなプロポーションを持つエクステリアは、スポーツカーらしい「走りの予感」と、丸みを帯びたスタイリングによる「親しみやすいシンプルさ」を両立させたというもの。
全長×全幅×全高=3990×1695×1320mm、ホイールベース2480mmという、「ヴィッツ」とほぼ同じボディーサイズで、コンパクトかつ画期的な軽量化を達成している。

エンジンをフロントミッドに搭載したFRレイアウトを採用し、50:50に近い最適な前後重量配分を実現。トランスミッションは6段マニュアル。軽量設計と相まって、ライトウェイトスポーツならではの軽快感にあふれ、クルマと対話できるFun to Driveな走りを追求したとアピールされる。

(文=沼田 亨)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。