第419回:イタリア式「昭和な」サービスエリア食堂

2015.10.09 エッセイ

ニセ交通整理員にご用心

先日イタリア北東部のイモラサーキットに赴いたときだ。その週末は、9月というのに真夏並みの暑さだった。おかげで往路のアウトストラーダ(高速道路)は、最後のアドリア海を楽しむ人たちで、朝から大渋滞が起きていた。
ようやく到着したサーキットではアスファルトの照り返しも手伝って、時間とともに気温はぐんぐん上がっていった。午後を過ぎる頃には貧血気味になり、夕方、仕事を終えてから駐車場に止めておいたクルマに倒れ込んで数時間にわたり眠りこけていた。

まあ、そのおかげで僕が帰る時には、海水浴客は先に帰ってしまったようだった。ボルゴ・パニガーレ(この名称はドゥカティの製品にも使われているが、ボクや多くのイタリア人にとっては、東京の箱崎ジャンクションのごとく渋滞の名所である)も、うそのようにスイスイ通過することができた。

しかし、やがて空腹がボクを襲ってきた。イタリア北東部を横断するアウトストラーダA14号線から、半島を縦断するA1号線「太陽の道」に入って南下を始めると山脈区間であるから、次はフィレンツェまで広々としたサービスエリア(SA)はない。最後のチャンスは、ボローニャ郊外カンタガッロにあるSAである。

このカンタガッロSA、ボクがイタリアでクルマの運転を始めた1997年頃は、少々困った場所だった。駐車場には常に“交通整理員”のおじさんがいた。最初は道路会社の手配かなと思っていたが、ある日知り合いの観光バスドライバーが「あ、あれはニセモノだよ」と笑いながら教えてくれた。後日よく見ると、おじさんがかぶる制帽の紋章が切り取られているではないか。どこかでそれらしい中古品を入手したのだろう。おじさんをよく見ない外国人などは、丁寧に空きスペースへと誘導してもらったついでに、チップを渡してしまったに違いない。

それとは別に、明らかに不法入国と思われる外国人が多数ウロウロしていて、ドライバーに近寄っては小銭を求めていた。よく見ると、SAの境界を区切るフェンスの一部に穴が開けられていて、そこから入ってくることがわかった。

「太陽の道」のボローニャ郊外にあるカンタガッロSAのランドマークは、跨線橋式の食堂である。
「太陽の道」のボローニャ郊外にあるカンタガッロSAのランドマークは、跨線橋式の食堂である。
片側2車線を3車線にする工事中のスナップ。2008年撮影。
片側2車線を3車線にする工事中のスナップ。2008年撮影。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。