ボルボV60ベースのクロスオーバーモデル発売

2015.10.06 自動車ニュース
「ボルボV60クロスカントリーT5 AWD SE」
「ボルボV60クロスカントリーT5 AWD SE」

ボルボの新たなクロスオーバーモデル「V60クロスカントリー」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2015年10月6日、クロスオーバーモデル「V60クロスカントリー」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

「V60」よりも高い車高や、ホイールハウスを取り囲むフェンダーエクステンションが、外観上の特徴。


	「V60」よりも高い車高や、ホイールハウスを取り囲むフェンダーエクステンションが、外観上の特徴。
インテリアの様子。基本的なデザインは「V60」と変わらない。
インテリアの様子。基本的なデザインは「V60」と変わらない。
ディーゼル車に搭載される2リッター直4ディーゼル「D4」ユニット。
ディーゼル車に搭載される2リッター直4ディーゼル「D4」ユニット。
専用のスキッドプレートで飾られるフロントまわり。ディーゼルモデルとガソリンモデルとで、エンブレム以外に外観上の違いはない。
専用のスキッドプレートで飾られるフロントまわり。ディーゼルモデルとガソリンモデルとで、エンブレム以外に外観上の違いはない。
「V60クロスカントリーD4 SE」
「V60クロスカントリーD4 SE」

ボルボのV60クロスカントリーは、スポーツワゴン「V60」をベースに、より高い最低地上高や専用のドレスアップによりSUVテイストが加えられた、クロスオーバーモデルだ。

エクステリアの特徴となるのは、ハニカムデザインのフロントグリルや車体前後のスキッドプレート、サイドスカッフプレート、グラファイトカラーのフェンダーエクステンション、グロッシーブラックのドアミラーカバーやサイドウィンドウトリムなど。
インテリアについても、専用のブラウンステッチやツートンカラーのスポーツシートが、オプションで用意される。

足まわりには専用のサスペンションも備わっており、V60比で65mm高い200mmの最低地上高が確保されている。これにより、悪路での走破性が高まるとともに、高いアイポイントが得られるため、運転がしやすくなっているという。
全高は、V60よりも60mm高の1540mm。多くの立体駐車場に対応できるサイズであることもセリングポイントのひとつだ。

歩行者・サイクリスト検知機能付きの追突回避・軽減フルオートブレーキや全車速追従機能付きのクルーズコントロールなどの安全装備も、標準で備わる。

ラインナップは、2リッター直4ディーゼルターボ(最高出力:190ps、最大トルク:40.8kgm)を搭載する「V60クロスカントリーD4 SE」と、2.5リッター直5ガソリンターボ(254ps、36.7kgm)を搭載する「V60クロスカントリーT5 AWD SE」の2モデル。前者は8段ATを搭載するFF車で、4WDの後者には6段ATが与えられる。

価格は、以下の通り。
・V60クロスカントリーD4 SE(FF/8AT):494万円
・V60クロスカントリーT5 AWD SE(4WD/6AT):519万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • 第2回:デビューしたてのフレッシュな3台を紹介
    輸入車チョイ乗りリポート~350万から500万円編~
    2016.3.7 JAIA輸入車試乗会2016 大磯ロングビーチに集結した魅力的なインポートカーの中から、今回はwebCGメンバーが350万~500万円という価格帯で気になるモデルをピックアップ。いずれも2015年の下期から2016年にかけて登場したばかりという、フレッシュな3台を紹介する。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
ホームへ戻る