ボルボV60ベースのクロスオーバーモデル発売

2015.10.06 自動車ニュース
「ボルボV60クロスカントリーT5 AWD SE」
「ボルボV60クロスカントリーT5 AWD SE」

ボルボの新たなクロスオーバーモデル「V60クロスカントリー」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2015年10月6日、クロスオーバーモデル「V60クロスカントリー」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

「V60」よりも高い車高や、ホイールハウスを取り囲むフェンダーエクステンションが、外観上の特徴。


	「V60」よりも高い車高や、ホイールハウスを取り囲むフェンダーエクステンションが、外観上の特徴。
インテリアの様子。基本的なデザインは「V60」と変わらない。
インテリアの様子。基本的なデザインは「V60」と変わらない。
ディーゼル車に搭載される2リッター直4ディーゼル「D4」ユニット。
ディーゼル車に搭載される2リッター直4ディーゼル「D4」ユニット。
専用のスキッドプレートで飾られるフロントまわり。ディーゼルモデルとガソリンモデルとで、エンブレム以外に外観上の違いはない。
専用のスキッドプレートで飾られるフロントまわり。ディーゼルモデルとガソリンモデルとで、エンブレム以外に外観上の違いはない。
「V60クロスカントリーD4 SE」
「V60クロスカントリーD4 SE」

ボルボのV60クロスカントリーは、スポーツワゴン「V60」をベースに、より高い最低地上高や専用のドレスアップによりSUVテイストが加えられた、クロスオーバーモデルだ。

エクステリアの特徴となるのは、ハニカムデザインのフロントグリルや車体前後のスキッドプレート、サイドスカッフプレート、グラファイトカラーのフェンダーエクステンション、グロッシーブラックのドアミラーカバーやサイドウィンドウトリムなど。
インテリアについても、専用のブラウンステッチやツートンカラーのスポーツシートが、オプションで用意される。

足まわりには専用のサスペンションも備わっており、V60比で65mm高い200mmの最低地上高が確保されている。これにより、悪路での走破性が高まるとともに、高いアイポイントが得られるため、運転がしやすくなっているという。
全高は、V60よりも60mm高の1540mm。多くの立体駐車場に対応できるサイズであることもセリングポイントのひとつだ。

歩行者・サイクリスト検知機能付きの追突回避・軽減フルオートブレーキや全車速追従機能付きのクルーズコントロールなどの安全装備も、標準で備わる。

ラインナップは、2リッター直4ディーゼルターボ(最高出力:190ps、最大トルク:40.8kgm)を搭載する「V60クロスカントリーD4 SE」と、2.5リッター直5ガソリンターボ(254ps、36.7kgm)を搭載する「V60クロスカントリーT5 AWD SE」の2モデル。前者は8段ATを搭載するFF車で、4WDの後者には6段ATが与えられる。

価格は、以下の通り。
・V60クロスカントリーD4 SE(FF/8AT):494万円
・V60クロスカントリーT5 AWD SE(4WD/6AT):519万円

(webCG)

関連キーワード:
V60クロスカントリーボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボが「90」シリーズの一部仕様を変更 2017.7.14 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年7月14日、「V90/V90クロスカントリー/XC90」の一部仕様を変更し、販売を開始した。主に安全装備の強化やボディーカラーの拡充、燃費性能の改善などが行われた。
  • ボルボV90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション(4... 2017.11.21 試乗記
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記