ダイハツ・キャスト アクティバGターボ“SA II”(FF/CVT)/キャスト スタイルX“SA II”(FF/CVT)

“自分仕様”を提供します 2015.10.09 試乗記 ダイハツから3つのスタイルを持つ新型軽乗用車「キャスト」が登場。「お隣と同じクルマはイヤ!」という、今時の軽ユーザーの要望を反映したニューモデルの実力やいかに?

ユーティリティーだけでは売れない時代

4月の税金引き上げから、軽自動車の販売が低迷している。2015年上半期の販売台数は、前年比16.2%減の84万2291台だ。駆け込み需要の反動がもろに出ている。売れ筋の背高ワゴンはその中でもまだ頑張っていて、「ホンダN-BOX」やダイハツの「ムーヴ」と「タント」、「日産デイズ」、「スズキ・ワゴンR」あたりが上位に顔を並べている。

ベスト10の中で異彩を放つのは「スズキ・ハスラー」だ。昨年1月に発売されたクロスオーバータイプの新ジャンル軽は、今も根強い人気を保っている。ハイトワゴンやスーパーハイトワゴンは実用性の高さでユーザーを引き付けたが、ちょっと売れすぎてしまった。「他人と違うクルマに乗りたい!」という気分が広がったところにカラフルでポップなモデルが現れたのだから、飛びつく人が多かったのもよくわかる。

「ホンダN-BOXスラッシュ」も、ラインナップに変化を与えたモデルだ。高くしたルーフを切り落とすというアクロバティックな手法でオシャレ感を追求している。各社がバリエーションの拡大に動き始めたのは、市場の動向が変化していることを反映しているらしい。ダイハツの調査では、軽自動車の購入動機で「実用性(燃費/広さ/使い勝手)を重視する」人が2010年の41%から2014年には29%に減少している。逆に「性能よりもデザインを重視する」人は11%から19%に増えているのだ。

もはやムーヴとタントを作っておけばどんどん売れていくという時代ではない。軽自動車が自動車販売台数の4割を超える状況の中では、ユーザーの目を引く変わり種を作る必要がある。ダイハツの勝負球がキャストだ。しかも、同時に3つものソリューションを打ち出してきた。

2015年9月に登場したダイハツの軽乗用車「キャスト」。「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」という3種類のモデルが用意されている。写真はSUVテイストのアクティバ。
2015年9月に登場したダイハツの軽乗用車「キャスト」。「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」という3種類のモデルが用意されている。写真はSUVテイストのアクティバ。
「アクティバGターボ“SA II”」のインテリア。各部のアクセントカラーには、写真のブルーに加え、シルバーやオレンジも用意されている。
「アクティバGターボ“SA II”」のインテリア。各部のアクセントカラーには、写真のブルーに加え、シルバーやオレンジも用意されている。
シートの仕様はモデルによって異なり、「アクティバ」にはディープボーダー柄のフルファブリックシートが装備される。
シートの仕様はモデルによって異なり、「アクティバ」にはディープボーダー柄のフルファブリックシートが装備される。
リアシートには左右独立式のスライドおよびリクライニング調整機構が採用される。スライドの調整幅は240mm。
リアシートには左右独立式のスライドおよびリクライニング調整機構が採用される。スライドの調整幅は240mm。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャスト アクティバの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • ダイハツ・キャスト スポーツ“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2015.12.12 試乗記 ダイハツから、ひとつの車型で3つのモデルを取りそろえる軽自動車「キャスト」が登場。今回はその中から、走りを追及した“第3のモデル”こと「スポーツ」に試乗した。「コペンの4人乗りをイメージして作った」とされる同車の特徴を一言で表すと……?
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • ダイハツ・キャスト アクティバGターボ“SA II”(FF/CVT)/キャスト スタイルX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2015.10.9 試乗記 ダイハツから3つのスタイルを持つ新型軽乗用車「キャスト」が登場。「隣のお宅と同じクルマはイヤ!」という、今時の軽ユーザーの要望を反映したニューモデルの実力はいかに? 一足先に登場した「アクティバ」と「スタイル」に試乗し、その出来栄えを試した。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
ホームへ戻る