東京モーターショー2015

スバルが次世代SUVのコンセプトを出展【東京モーターショー2015】

2015.10.07 自動車ニュース
「スバルVIZIV FUTURE CONCEPT」
「スバルVIZIV FUTURE CONCEPT」

【東京モーターショー2015】スバルが次世代SUVのコンセプトカーを世界初公開

富士重工業は2015年10月7日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)において、コンセプトカー「スバルVIZIV FUTURE CONCEPT(ヴィジヴ フューチャー コンセプト)」を世界初公開すると発表した。

 
スバルが次世代SUVのコンセプトを出展【東京モーターショー2015】の画像

■スバルのクルマづくりにおける将来のビジョンを具体化

VIZIV FUTURE CONCEPTは、スバルが提唱する「安心で愉(たの)しいクルマづくり」の将来のビジョンを具体化した、SUVタイプのコンセプトカーである。

見る者に「このクルマでアクティブに出かけたい」と思わせるデザインやパッケージに加え、「アイサイト」を進化・発展させた自動運転技術や、ダウンサイジングターボとハイブリッドシステムを組み合わせたパワーユニットなどの次世代技術を多数採用。スバルは同車を通して「スバルが目指すブランドの未来像を紹介したい」としている。

 
スバルが次世代SUVのコンセプトを出展【東京モーターショー2015】の画像
 
スバルが次世代SUVのコンセプトを出展【東京モーターショー2015】の画像
 
スバルが次世代SUVのコンセプトを出展【東京モーターショー2015】の画像
 
スバルが次世代SUVのコンセプトを出展【東京モーターショー2015】の画像

■「安心と愉しさ」がひと目でわかるデザインを追求

デザインコンセプトは「スバル×アクティブライフ」。エクステリアは立体的で塊感のあるフォルムと張り出した前後フェンダーなどが特徴で、フロントのヘキサゴングリルからボディーサイドに伸び、ガラスエリアのCピラー付近で上へと跳ね上がるプレスラインや、ワイド感を強調するバンパーの意匠によりSUVらしさを表現している。

一方、インテリアは力強さを重視した各部の骨格や、シンメトリカルな意匠のインストゥルメントパネルが特徴となっている。内装色は、ベージュと黒のツートンカラーを基調としつつ、各部に外装色と同じオレンジのアクセントを採用。「スポーティーで愉しい空間を演出し、アクティブなライフスタイルを想起させる」デザインとしている。

また運転時の安心感を高めるため、メーターバイザーの上部にはドライバーをモニタリングするカメラを装備する。

■高速道路や駐車場での自動運転を実現

運転支援システムはスバル独自の「アイサイト」を進化させたもので、車両の前方を監視するステレオカメラに加え、全方位レーダーを搭載することで車両周辺の交通環境や危険リスクを把握。さらに高精度GPSや高精度地図データによって自車位置を特定し、自車を取り巻く環境に応じた最適な車両制御を可能としている。

これらの技術の採用により、予防安全機能としては、これまでにもあったような前方直進時の衝突回避に加え、交差点右左折時や後退時における車両や歩行者、自転車との全方位での衝突回避を実現。さらに、高速道路上における全車速域での、あるいは自宅や商業施設などにおける駐車場での自動運転を可能にしている。

このほかにも、先進的なテレマティクスやHMI(ヒューマンマシンインターフェイス)技術を採用することで、交通環境や天気などといった走行経路状況の先読みや、人とクルマのより的確な意思疎通を実現。ユーザーの生活や趣味をサポートする情報を配信するなど、自動運転による時間をより楽しく過ごすための機能も備えている。

 
スバルが次世代SUVのコンセプトを出展【東京モーターショー2015】の画像
 
スバルが次世代SUVのコンセプトを出展【東京モーターショー2015】の画像

■パワーユニットはシンメトリカルAWD+ハイブリッド

パワーユニットは、「レヴォーグ」から導入が始まったダウンサイジングターボエンジンと、「XVハイブリッド」のものを全面的に進化させた次世代ハイブリッドシステムの組み合わせ。

特にエンジンについては、VIZIV FUTURE CONCEPTに合わせて全ディメンションを最適化。小型・軽量化と、セグメントトップとなる正味熱効率を実現するとともに、ハイブリッドシステムとの併用により、燃費性能の向上や、スムーズでリニアな加速も実現しているという。

また、駆動レイアウトには、フロント縦置きの水平対向エンジンとリアアクスル同軸上のシングルモーターを組み合わせた「シンメトリカルモーターAWD」を採用。前後軸間での積極的な駆動力配分によるベクタリング作用により、運動性能を高めている。同時にプロペラシャフトを廃止することで、四輪駆動でありながらフラットなフロアと広々とした車内空間を実現しているとのこと。

(webCG)

→「スバルVIZIV FUTURE CONCEPT」のより詳しい写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。