VWザ・ビートルにオレンジ×ブラックの限定車

2015.10.06 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ クラブ」
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ クラブ」 拡大

フォルクスワーゲン、「ザ・ビートル」にオレンジ×ブラックの特別仕様車を設定

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年10月6日、「ザ・ビートル」に特別仕様車「ザ・ビートル クラブ」と「ザ・ビートル カブリオレ クラブ」を設定し、販売を開始した。

「ザ・ビートル クラブ」
「ザ・ビートル クラブ」 拡大
「ザ・ビートル カブリオレ クラブ」(手前)と「ザ・ビートル クラブ」(奥)。
「ザ・ビートル カブリオレ クラブ」(手前)と「ザ・ビートル クラブ」(奥)。 拡大
「ザ・ビートル カブリオレ クラブ」のインテリア。
「ザ・ビートル カブリオレ クラブ」のインテリア。 拡大
フェンダーサウンドシステムのスピーカー。
フェンダーサウンドシステムのスピーカー。 拡大
専用チェック柄のシート。
専用チェック柄のシート。 拡大

■充実したオーディオ機器も特徴

ザ・ビートル クラブ シリーズは、内外装を同車のキーカラーであるオレンジを用いて仕立てるとともに、装備を強化した特別仕様車である。

ボディーカラーはザ・ビートルでは今回が初採用となる「ハバネロオレンジメタリック」で、サイドミラーカバーやルーフ(ザ・ビートル カブリオレ クラブでは電動ソフトトップ)にはブラックを採用。足元には同車専用デザインの17インチアルミホイールを装備している。

一方インテリアでは、黒を基調にアクセントとしてオレンジを用いたチェック柄のファブリックシートを採用。ステアリングホイールやハンドブレーキレバー、センターアームレストにもオレンジのステッチを施している。

また、スマートフォンなどに保存した音楽を簡単に楽しめるApp-Connect対応インフォテインメントシステムとフェンダーサウンドシステムを、両モデルともに標準装備としている。

これらを含む、同車の専用装備は以下の通り。
・クラブ専用エクステリア(ドアミラー<ブラック>、サイドスカート<ボディー同色>、専用デコレーションフィルム)
・クラブ専用インテリア(インストゥルメントパネル<シルバー>、ステアリングホイールトリム<ブラック>、ドアトリム<ブラック>)
・クラブ専用ファブリックシート
・クラブ専用ドアシルプレート
・フェンダーサウンドシステム(総出力400W、10チャンネル、9スピーカー)
・インテリアアンビエントライト(カラー調整機能付き、ホワイト、レッド、ブルーの3色)
・センターアームレスト(前席、オレンジステッチ)
・レザー3本スポークステアリングホイール、レザーハンドブレーキグリップ、レザーシフトノブ(オレンジステッチ)
・215/55R17タイヤ、7Jx17アルミホイール(10スポーク)

販売台数はクーペが500台、カブリオレが50台の計550台。価格はクーペが294万円、カブリオレが377万円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
新着記事