クライスラー300がマイナーチェンジ

2015.10.06 自動車ニュース
「クライスラー300S」
「クライスラー300S」

「クライスラー300」がマイナーチェンジ、予防安全装備を標準採用

FCAジャパンは2015年10月6日、クライスラーブランドの4ドアセダン「300」にマイナーチェンジを実施し、同年10月17日に発売すると発表した

「300S」のインテリア。
「300S」のインテリア。
「SRT8」
「SRT8」
「SRT8」のシート。
「SRT8」のシート。

■内外装のデザインをリフレッシュ

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを変更。エクステリアではフロントマスクを新しい意匠としたほか、新たにLED式のフロントフォグランプを採用した。また、ヘッドライトベゼル、ホイールカラー、テールランプ、ウィンドウモールディングをブラックで統一した。

一方インテリアでは、インストゥルメントパネルとセンターパネルを改良。インストゥルメントクラスターに「フルカラー7インチTFTマルチビューディスプレー」を搭載したほか、ダイヤル式のシフトセレクター「エレクトロニックロータリーシフター」を全車に採用した。

装備の強化も図っており、「300S」にはBeats Audioの、「SRT8」にはharman/kardonのプレミアムスピーカーを採用。運転支援システムについては、停止まで自動で行う「アダプティブクルーズコントロール(STOP & GO機能付き)」や、操舵(そうだ)アシスト機能付きの「LaneSense車線逸脱警報プラス」「前面衝突警報プラス(クラッシュミティゲーション付き)」「ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション」「『Parkview』リアバックアップカメラ」「『ParkSense』フロント/リアパークアシスト」が標準装備となった。

ラインナップは、3.6リッターV6エンジンの300Sと、6.4リッターV8エンジンのSRT8の2グレード。価格は、300Sが577万8000円、SRT8が756万円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット クライスラー ジャパン フルラインナップ試乗会/ジープ、クライスラー編【試乗記】 2013.8.23 試乗記 経営統合によってフィアット クライスラー ジャパンが設立されてから1年あまり。ディーラーネットワークの拡充計画が発表されるなど、ここにきて同社の周辺がにぎやかになってきた感がある。同社のオールラインナップ試乗会、後編は4WD仕様を加えた「ジープ・コンパス」を中心にリポートする。
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • クライスラー300S(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.21 試乗記 マイナーチェンジされた、クライスラーのセダン「300S」に試乗。新しい意匠のフロントマスクやインストゥルメントパネルなど、化粧直しが施された内外装や、先進の運転支援システムがもたらすドライブフィールを報告する。
  • クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)【試乗記】 2005.10.7 試乗記 クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)
    ……598万5000円

    クライスラーが誇る5.7リッターV8OHVエンジン「HEMI」を搭載するサルーン「300C 5.7 HEMI」。なにもがデカく、誇らしげなアメリカンサルーンは、旧来のアメ車とはひと味違うらしい。


ホームへ戻る