クライスラー300がマイナーチェンジ

2015.10.06 自動車ニュース
「クライスラー300S」
「クライスラー300S」

「クライスラー300」がマイナーチェンジ、予防安全装備を標準採用

FCAジャパンは2015年10月6日、クライスラーブランドの4ドアセダン「300」にマイナーチェンジを実施し、同年10月17日に発売すると発表した

「300S」のインテリア。
「300S」のインテリア。
「SRT8」
「SRT8」
「SRT8」のシート。
「SRT8」のシート。

■内外装のデザインをリフレッシュ

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを変更。エクステリアではフロントマスクを新しい意匠としたほか、新たにLED式のフロントフォグランプを採用した。また、ヘッドライトベゼル、ホイールカラー、テールランプ、ウィンドウモールディングをブラックで統一した。

一方インテリアでは、インストゥルメントパネルとセンターパネルを改良。インストゥルメントクラスターに「フルカラー7インチTFTマルチビューディスプレー」を搭載したほか、ダイヤル式のシフトセレクター「エレクトロニックロータリーシフター」を全車に採用した。

装備の強化も図っており、「300S」にはBeats Audioの、「SRT8」にはharman/kardonのプレミアムスピーカーを採用。運転支援システムについては、停止まで自動で行う「アダプティブクルーズコントロール(STOP & GO機能付き)」や、操舵(そうだ)アシスト機能付きの「LaneSense車線逸脱警報プラス」「前面衝突警報プラス(クラッシュミティゲーション付き)」「ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション」「『Parkview』リアバックアップカメラ」「『ParkSense』フロント/リアパークアシスト」が標準装備となった。

ラインナップは、3.6リッターV6エンジンの300Sと、6.4リッターV8エンジンのSRT8の2グレード。価格は、300Sが577万8000円、SRT8が756万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

300Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る