ジープ・レネゲード オープニング エディション(FF/6AT)

見ても乗っても楽しいジープ 2015.10.12 試乗記 個性的なデザインをまとう、ジープブランド初のスモールSUV「レネゲード」。エントリーモデルに試乗してわかった、このクルマならではの“乗り味”を報告する。

正体不明のSUV!?

ハンドル中央のエンブレムを隠した運転席に導かれ、そこで目隠しを外されて走りだしたら、果たしてどこまでこのクルマの正体がわかっただろう。新型ジープ、レネゲードの試乗を始めて程なく、そんな想像をした。

運転席のアイポイントは高めだ。タコメーターの盤面に、泥はねみたいなペイントが入っている。オフロード四駆か? 土の地面を見つけてゼロ発進を踏むと、しかし前輪しかかかない。乗り心地にもオフロード四駆の大仰さはない。
フロントピラーの形状は「ルノー・カングー」に似ている。内装のポップな感じは、日本車でもドイツ車でもない。ステアリングホイールの握り感とか、シートの素材感などは「フィアット500」っぽい。けれど、室内の幅は500や「パンダ」よりだいぶ広い。

エンジンはけっこう力がある。高回転まで回すとリリーフバルブの開く音がするから、ターボ付きだろう。でも、その空気音がボンネットのなかで共鳴して、高回転でアクセルを戻すとゲゲゲっというちょっと安っぽい音が出ることがある。隅々まできれいに包装するドイツ車や日本車ではやっぱりない。

仮にブラインドフォールド試乗ができたとして、筆者の出せる答えは「ラテンヨーロッパ産のSUV」である。それ以上はわからない。
と思ったら、ダッシュボードのパネルに有力な手掛かりを発見。“SINCE 1941”というエンボス文字が入っている。
ン? でも1941年ってことは、第2次大戦中ではないか。そんなキナ臭い時代に立ち上がった自動車メーカーやモデルがあったっけ? 自動車史IQの高い川上 完さんだったらすぐ、「あ、そりゃジープだね」とわかったはずだが、運転していてまさかジープとはこれっぽっちも思わなかった。

「レネゲード」のインテリア。室内色は、全7色のボディーカラー別に、3タイプが組み合わされる。
ファブリックで仕立てられた、「レネゲード オープニング エディション」のシート。より上級のグレードには、プレミアムファブリックシートやレザーシートが装着される。
センターコンソールに見られる「SINCE 1941」のロゴ。ジープブランドの祖となる「ウィリスMA型」は、1941年に誕生した。
助手席の前には、大きなゆれを伴う悪路走行時につかまるためのグリップが備わる。
今回は、1.4リッター直4ターボを搭載するFF車「レネゲード オープニング エディション」に試乗した。レネゲードの中では、最も装備が簡素なエントリーモデルにあたる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レネゲードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る