ダイハツ・キャスト スタイルX“SA II”(FF/CVT)/キャスト アクティバGターボ“SA II”(FF/CVT)

世界を見よ! 2015.10.09 試乗記 ダイハツから、キャラクターの異なる3つのモデルをラインナップする新型軽乗用車「キャスト」が登場。試乗を通して感じた、今のダイハツの課題とは?
「ダイハツ・キャスト スタイルX“SA II”」のインテリア。モデルごとに、シートのデザインや助手席側の収納の形状、各部の色使いなどが使い分けられており、イメージが大きく異なる。
「ダイハツ・キャスト スタイルX“SA II”」のインテリア。モデルごとに、シートのデザインや助手席側の収納の形状、各部の色使いなどが使い分けられており、イメージが大きく異なる。
メーターの意匠もモデルによって異なっている。写真は「スタイル」のもの。
メーターの意匠もモデルによって異なっている。写真は「スタイル」のもの。

エンジンには自然吸気とターボの両方が設定されている。写真は「スタイルX“SA II”」に搭載される、自然吸気の0.66リッター直3 DOHCエンジン。


	エンジンには自然吸気とターボの両方が設定されている。写真は「スタイルX“SA II”」に搭載される、自然吸気の0.66リッター直3 DOHCエンジン。
SUVスタイルの「アクティバGターボ“SA II”」。4WD車には悪路走破性能を高めるため、「グリップサポート制御」や「DAC(ダウンヒルアシストコントロール)制御」などが搭載される。
SUVスタイルの「アクティバGターボ“SA II”」。4WD車には悪路走破性能を高めるため、「グリップサポート制御」や「DAC(ダウンヒルアシストコントロール)制御」などが搭載される。
豊富な収納スペースや多彩なシートアレンジなど、実用性に配慮した機能や装備も「キャスト」の特徴。FFでは、荷室の床下にも深底の収納スペースが用意される。
豊富な収納スペースや多彩なシートアレンジなど、実用性に配慮した機能や装備も「キャスト」の特徴。FFでは、荷室の床下にも深底の収納スペースが用意される。

ダイハツよ “Just cast away”せよ

ダイハツの新型車キャストに乗りながら筆者の頭に浮かんだのは、ポリスの名曲「孤独のメッセージ」であった。そう、冒頭の♪Just a castaway~と車名が重なったのです。ああ、われながら短絡的な……。

キャストはとてもマジメにつくられた、いわゆる「いいクルマ」であった。漂流者だなんて、トンデモナイ。全長3.4メートルという軽規格の中で、外見は普通の小型車ルックの範囲にとどまりつつ、つまり完全なトールワゴンスタイルではないのに、驚くほど広くて、トヨタの「アクア」よりも品質感が高い。

乗り心地ときたらドイツ車もかくやのしっかり感で、はっきり硬い。ファームでフラットで、不思議なくらい安物感がない。おとなしそうに見える「スタイル」のほうがやんちゃそうな「アクティバ」よりむしろ足回りが硬いのは、クロスオーバー志向のアクティバのタイヤが60の偏平率で、スタイルが55を履いているからだ。

キャストは基本的に「ムーヴカスタム」をベースにしているため、そもそもがカワイイというよりスポーティー、つーかヤンキーな乗り味なのである。それをソフトなエクレアっぽい感じで柔らかくくるんだ。そこがダイハツ的には新しい。丸型のヘッドライトと白いルーフを前面に出して、いわば黒い上下のスウェットから白いボタンダウンのシャツとネイビーのチノパンというトラッド調のおしゃれな洋服に着替えた。

ダイハツが軽の本流と位置づける「ムーヴ」もまた、大変よくできた「いいクルマ」である。ダイハツのクルマづくりは、お客さま第一主義で、多様化するニーズに真摯(しんし)に向き合っている。小型車の上をいく乗り心地のしっかり感、上質感は、いわゆるダウンサイザー、上級車から軽自動車に移行してくるひとびとをがっかりさせないための、軽自動車界の雄を自負するダイハツの意地と矜持(きょうじ)なのだ。

では、このように真面目な軽自動車づくりをしているダイハツが、スズキに販売台数で負けているのはなぜなのだろう?

スズキのクルマづくりは世界に目を向けているように筆者には思われる。視野が広いから、クルマはこの程度でいい、という見切りがある。上も下もない。「上も下もない。スズキは庶民の味方である」という立ち位置がはっきりしている。

いま、日本で起きているのは中流、一億総中流幻想の崩壊ではなくて、ホントの崩壊である。新車で軽自動車を選べる人はまだしも幸せな人だ。そういう人に新しい幸せを見つけてあげることが、軽自動車メーカーのつとめではあるまいか。

いや、私たちは一生懸命やってます。キャストも出したし、「コペン」も出してます。

そう、あなたがたは一生懸命やっている。

卒(そつ)じながら、私が申し上げたかったことは「ダイハツよ、殻を脱ぎ捨てよ!」ということなのである。Just cast away! マジメ一辺倒のクルマづくりを投げ捨てよ。日本国内だけを見ず、世界を見よ! というようなことを紙に書いてボトルに入れ、そっと海に流したい私なのであった。

(文=今尾直樹/写真=荒川正幸)

キャスト アクティバGターボ“SA II”
キャスト アクティバGターボ“SA II”

【スペック】
キャスト スタイルX“SA II”
全長×全幅×全高=3395×1475×1600mm/ホイールベース=2455mm/車重=840kg/駆動方式=FF/エンジン=0.66リッター 直3 DOHC 12バルブ(52ps/6800rpm、6.1kgm/5200rpm)/トランスミッション=CVT/燃費=30.0km/リッター(JC08モード)/価格=128万5200円

キャスト アクティバGターボ“SA II”
全長×全幅×全高=3395×1475×1630mm/ホイールベース=2455mm/車重=840kg/駆動方式=FF/エンジン=0.66リッター 直3 DOHC 12バルブ ターボ(64ps/6400rpm、9.4kgm/3200rpm)/トランスミッション=CVT/燃費=27.0km/リッター(JC08モード)/価格=151万7400円
 

関連記事
  • ダイハツ・キャスト スポーツ“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2015.12.12 試乗記 ダイハツから、ひとつの車型で3つのモデルを取りそろえる軽自動車「キャスト」が登場。今回はその中から、走りを追及した“第3のモデル”こと「スポーツ」に試乗した。「コペンの4人乗りをイメージして作った」とされる同車の特徴を一言で表すと……?
  • ダイハツ・キャスト スポーツ 2015.11.13 画像・写真 「ダイハツ・キャスト」に、専用チューニングのサスペンションや16インチホイールなどを備えたスポーティーな「キャスト スポーツ」が登場。オープン2シーター「コペン」で培ったノウハウを取り入れたというキャスト第3のモデルの姿を、写真で紹介する。
  • ダイハツが「キャスト」を一部改良、特別仕様車も 2016.6.20 自動車ニュース ダイハツが「キャスト」を一部改良。ルーフなどをボディーと別色とする「デザインフィルムトップ」に新規設定色を採用するなど、カラーバリエーションを拡大した。同時に、レザー調シートを備えた特別仕様車「プライムコレクション」を発売した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • ダイハツ・キャスト アクティバGターボ“SA II”(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.4 試乗記 仕様やデザインの違いにより、「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」の3つのモデルを取りそろえる「ダイハツ・キャスト」。今回は、SUVライクなスタイリングと30mm高められた車高が特徴の「アクティバ」に試乗。ダイハツが誇る最新モデルの実力を確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
ホームへ戻る