レクサスIS200t“Fスポーツ”(FR/8AT)

良質な中庸 2015.10.14 試乗記 レクサスのスポーティーセダン「IS」に、2リッター直4直噴ターボを積んだ「200t」が登場。レクサスにとってこれが2番目となるダウンサイジングターボエンジン搭載車の実力を試す。

ダウンサイジングターボの第2弾

1982年に発売された「トヨタ・カリーナGT」は、ハイパワーに魅せられた自動車好きをうならせた。「鬼に金棒。ツインカムにターボ。」というキャッチコピーで高性能を象徴する2つのキーワードを誇らしげに掲げ、スポーティーさを訴えた。時はあたかもバブル前夜。これ以降浮かれ気分の中でターボエンジンがもてはやされるようになる。

しかし、栄枯盛衰は世の習いだ。1990年代に入るとスポーティーカーの人気は急落し、燃費の悪いターボエンジンは姿を消していく。トヨタでは2006年を最後にターボエンジン搭載車のラインナップがゼロになってしまった。

同じ頃、ヨーロッパでは新世代の過給エンジンが登場し始めていた。2005年にフォルクスワーゲンが「TSIエンジン」を発表し、高出力と低燃費を両立させた新たなテクノロジーを見せつける。いわゆるダウンサイジングコンセプトである。日本はこの流れに乗り遅れた。トヨタが初めてダウンサイジングターボエンジンを投入したのは2014年の「レクサスNX」だった。レクサスブランドでは初のターボエンジン搭載車で、このためにターボチャージャーを自製するという気合の入れようである。

クロスオーバーSUVのNXは、2リッター直4ターボを搭載する「200t」とハイブリッドモデルの「300h」の2本立て。環境対策としてハイブリッドを前面に押し出してきたトヨタが、両刀使いに転向したわけだ。そしてこの8月に、同じ2リッター直4ターボを採用したモデルの第2弾が登場した。スポーティーセダンのレクサスISである。

2013年5月に発表された現行型「レクサスIS」。2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「200t」は、2015年8月に発売された。
2013年5月に発表された現行型「レクサスIS」。2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「200t」は、2015年8月に発売された。
インテリアでは、横方向に梁(はり)を通したようなインストゥルメントパネルが特徴。「IS200t」の内装色には、黒と赤、黒とタン、黒のモノトーンなど、5種類のカラーバリエーションが用意される。
インテリアでは、横方向に梁(はり)を通したようなインストゥルメントパネルが特徴。「IS200t」の内装色には、黒と赤、黒とタン、黒のモノトーンなど、5種類のカラーバリエーションが用意される。
「IS200t」は、レクサスにとって2番目のダウンサイジングターボエンジン搭載モデルとなる。
「IS200t」は、レクサスにとって2番目のダウンサイジングターボエンジン搭載モデルとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ISの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る