ポルシェ、911の4WDモデルに新エンジン搭載

2015.10.08 自動車ニュース
「ポルシェ911カレラ4S」
「ポルシェ911カレラ4S」 拡大

ポルシェが「911」の4WDモデルに新エンジンを搭載

ポルシェ ジャパンは2015年10月8日、新エンジンを搭載した「911」の4WDモデル「カレラ4」「カレラ4カブリオレ」「カレラ4S」「カレラ4Sカブリオレ」「タルガ4」「タルガ4S」の予約受け付けを、同年10月13日に開始すると発表した。

「タルガ4」
「タルガ4」 拡大
「カレラ4Sカブリオレ」
「カレラ4Sカブリオレ」 拡大
「タルガ4S」
「タルガ4S」 拡大
「カレラ4S」のインテリア。
「カレラ4S」のインテリア。 拡大
「タルガ4S」のインテリア。
「タルガ4S」のインテリア。 拡大

■新開発の3リッターターボエンジンを搭載

今回、日本導入が発表された911の4WDモデルは、いずれも2015年9月に導入が開始されたRWD(後輪駆動)モデルと同じく、新開発の3リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンが搭載されており、カレラ4、カレラ4カブリオレ、タルガ4では370psの最高出力と45.9kgmの最大トルクを、カレラ4S、カレラ4Sカブリオレ、タルガ4Sでは、420psと51.0kgmを発生する。

また、駆動システムにも改良を施しており、新たに電子油圧制御4WDを採用。0-100km/h加速はカレラ4で4.1秒、カレラ4Sで3.8秒と、それぞれ従来モデルより0.4秒、0.3秒短縮(ともにPDK仕様、スポーツクロノパッケージ装着車)。最高速は順に290km/h、303km/hとなっている。

■新開発のインフォテインメントシステムを標準で採用

シャシーについてもRWDモデルに準じた改良がなされており、PASM(電子制御式可変減衰ダンパー)が全車標準装備となったほか、カレラ4S、カレラ4Sカブリオレ、タルガ4Sには、後輪操舵(そうだ)機構の「アクティブ・リアアクスルステア」がオプション設定された。

装備面では、スポーツクロノパッケージ装着車に、ダイヤル操作で「ノーマル」「スポーツ」「スポーツ・プラス」「カスタム」の4種類のドライビングモードを切り替え可能な「モードスイッチ」や、ドライブトレインが20秒間フル加速に達するように設定する「スポーツレスポンススイッチ」(PDK仕様のみ)を採用。

また、新開発のインフォテインメントシステム「PCM」を全車標準装備とした。モニターには7インチマルチタッチディスプレイを採用しており、Wi-FiやBluetooth、ケーブルなどによってスマートフォントとの接続が可能。手書き入力が可能なナビゲーションシステムなどの機能に加え、Google Street Viewなどのインターネットを介したサービスにも対応している。

価格は以下の通り。
・カレラ4(MT):1372万円
・カレラ4(PDK):1437万1000円
・カレラ4カブリオレ(PDK):1610万円
・タルガ4(PDK):1610万円
・カレラ4S(MT):1647万円
・カレラ4S(PDK):1712万1000円
・カレラ4Sカブリオレ(PDK):1913万円
・タルガ4S(PDK):1913万円

(webCG)
 

関連キーワード:
911911カブリオレポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • 新世代の“働くクルマ”、「ホンダN-VAN」がデビュー 2018.7.12 自動車ニュース 本田技研工業は2018年7月12日、新型商用バン「N-VAN(エヌバン)」を発表した。同年7月13日に販売を開始する。同車はホンダの軽自動車「Nシリーズ」の5車種目となる新型車であり、シリーズ初の商用車である。
  • マセラティが「レヴァンテGTS」を世界初公開 2018.7.13 自動車ニュース 伊マセラティは2018年7月12日(現地時間)、英国で開催されている自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、SUV「レヴァンテ」の高性能モデル「レヴァンテGTS」を世界初公開した。
  • ポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.18 試乗記 電動パワートレインを搭載した、“シューティングブレーク”スタイルの高性能ツアラー「ポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。ラインナップ拡充と電動化を推し進める今日のポルシェを象徴するかのような一台に、リポーターは何を感じたか?
ホームへ戻る