ポルシェ、911の4WDモデルに新エンジン搭載

2015.10.08 自動車ニュース
「ポルシェ911カレラ4S」
「ポルシェ911カレラ4S」

ポルシェが「911」の4WDモデルに新エンジンを搭載

ポルシェ ジャパンは2015年10月8日、新エンジンを搭載した「911」の4WDモデル「カレラ4」「カレラ4カブリオレ」「カレラ4S」「カレラ4Sカブリオレ」「タルガ4」「タルガ4S」の予約受け付けを、同年10月13日に開始すると発表した。

「タルガ4」
「タルガ4」
「カレラ4Sカブリオレ」
「カレラ4Sカブリオレ」
「タルガ4S」
「タルガ4S」
「カレラ4S」のインテリア。
「カレラ4S」のインテリア。
「タルガ4S」のインテリア。
「タルガ4S」のインテリア。

■新開発の3リッターターボエンジンを搭載

今回、日本導入が発表された911の4WDモデルは、いずれも2015年9月に導入が開始されたRWD(後輪駆動)モデルと同じく、新開発の3リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンが搭載されており、カレラ4、カレラ4カブリオレ、タルガ4では370psの最高出力と45.9kgmの最大トルクを、カレラ4S、カレラ4Sカブリオレ、タルガ4Sでは、420psと51.0kgmを発生する。

また、駆動システムにも改良を施しており、新たに電子油圧制御4WDを採用。0-100km/h加速はカレラ4で4.1秒、カレラ4Sで3.8秒と、それぞれ従来モデルより0.4秒、0.3秒短縮(ともにPDK仕様、スポーツクロノパッケージ装着車)。最高速は順に290km/h、303km/hとなっている。

■新開発のインフォテインメントシステムを標準で採用

シャシーについてもRWDモデルに準じた改良がなされており、PASM(電子制御式可変減衰ダンパー)が全車標準装備となったほか、カレラ4S、カレラ4Sカブリオレ、タルガ4Sには、後輪操舵(そうだ)機構の「アクティブ・リアアクスルステア」がオプション設定された。

装備面では、スポーツクロノパッケージ装着車に、ダイヤル操作で「ノーマル」「スポーツ」「スポーツ・プラス」「カスタム」の4種類のドライビングモードを切り替え可能な「モードスイッチ」や、ドライブトレインが20秒間フル加速に達するように設定する「スポーツレスポンススイッチ」(PDK仕様のみ)を採用。

また、新開発のインフォテインメントシステム「PCM」を全車標準装備とした。モニターには7インチマルチタッチディスプレイを採用しており、Wi-FiやBluetooth、ケーブルなどによってスマートフォントとの接続が可能。手書き入力が可能なナビゲーションシステムなどの機能に加え、Google Street Viewなどのインターネットを介したサービスにも対応している。

価格は以下の通り。
・カレラ4(MT):1372万円
・カレラ4(PDK):1437万1000円
・カレラ4カブリオレ(PDK):1610万円
・タルガ4(PDK):1610万円
・カレラ4S(MT):1647万円
・カレラ4S(PDK):1712万1000円
・カレラ4Sカブリオレ(PDK):1913万円
・タルガ4S(PDK):1913万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る