東京モーターショー2015

ルノー、新型トゥインゴを日本初公開【東京モーターショー2015】

2015.10.08 自動車ニュース
新型「ルノー・トゥインゴ」
新型「ルノー・トゥインゴ」

【東京モーターショー2015】ルノー、新型「トゥインゴ」を日本初公開

ルノー・ジャポンは2015年10月8日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)の出展概要を発表した。

「ルーテシア ルノースポール トロフィー」
「ルーテシア ルノースポール トロフィー」
「メガーヌ ルノースポール CUP-S」
「メガーヌ ルノースポール CUP-S」
「ルーテシア インテンス」
「ルーテシア インテンス」
「カングー ゼン」
「カングー ゼン」

■ルノースポールの最新モデルも出品

今回の東京モーターショーにおいて、ルノーは6モデル7台の展示を予定。ブースはルノーが採用している世界共通のデザインコンセプトにのっとったもので、Bump(バンプ)と呼ばれる丘状のフロアと「人生のライフステージをカラーの変化で表現する」というボール状のシーリングライトが特徴となっている。また、ブース正面の壁には5.2m×8.5mの巨大スクリーンを設置し、ルノーの世界観を動画で表現するという。

展示車両としては、今回が日本初公開となる新型「トゥインゴ」や、ルノースポール・シリーズの最新モデルである「ルーテシア ルノースポール トロフィー」「メガーヌ ルノースポール CUP-S」などを予定。新型トゥインゴについては、ボディーワークが持ち上がり、インテリアとエンジンの様子が見えるようになる車体構造の動的展示も予定している。

これらを含む、展示車両は以下の通り。
・新型トゥインゴ(2色/2台)
・ルーテシア インテンス
・ルーテシア ルノースポール トロフィー(特別色「ブラン ジーヴル ナクレ マット」)
・キャプチャー インテンス
・カングー ゼン
・メガーヌ ルノースポール CUP-S

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.6.2 試乗記 フルモデルチェンジでさらに大きくなった「MINIクロスオーバー」に試乗。ベーシックな「クーパーD」グレードで素の実力を……と思いきや、試乗車には100万円分以上のオプションがてんこ盛りで、価格はなんと500万円オーバー! こちらの取捨選択についても真剣に考えた。
ホームへ戻る